top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「代表でも、みとまってる」三笘薫がピッチ50m超独走、ペナルティエリアまでドリブル一直線!開始2分の衝撃に「持った時の空気感がやばい」「これが見たかった!」

ABEMA TIMES

【キリンチャレンジカップ2023】日本1-1ウルグアイ(3月24日/国立競技場)

 先発出場を飾った三笘薫が、プレミアリーグでも席巻している得意のドリブルでスタジアムを沸かせた。自陣でボールを受けた三笘が、自慢のスピードで相手ディフェンスを振り切り独走してシュート。これには「持った時の空気感がやばい」とサポーターからは大興奮の声が寄せられた。

【映像】6万人から歓声があがる三笘薫の独走ドリブル

 試合が始まって間もない2分、日本がボールを奪ってカウンターを発動させる。自陣左サイドで鎌田からのパスを受けた三笘は、まず追いかけて来る相手選手をスピードだけで引き離す。前を走る浅野がCBの2人を引っ張っていたこともあり簡単にペナルティーエリアまで持ち運ぶことに成功。最後は相手DFの身を挺したブロックに遭ったことでシュートは枠を捉えることができなかった。圧倒的な個人の能力で日本代表の攻撃を完結させた。

 個の力を活かした独力のカウンターに対して解説の松木安太郎氏は、「いや見事だね。これを見たくてスタジアムに足を運んでいるサポーターもいますからね」とサポーターの心理にも触れつつご満悦の様子だった。

広告の後にも続きます

 視聴者からは「持った時の空気感がやばい」「三笘が持つと歓声すげーな」「半分くらい三笘でもってきたw」などとワールドクラスとも称される三笘のドリブルに興奮するコメントが相次いだ。

 三笘はFIFAワールドカップ カタール2022後の公式戦16試合で7得点4アシストと、絶好調の状態で日本に帰ってきた。今、最も注目されている日本人サッカー選手が、いきなりのファーストプレーで満員の国立競技場を沸かせたのだった。

(C)浦正弘(ABEMA/キリンチャレンジカップ2023)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル