top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

『シン・仮面ライダー』冒頭2分49秒、YouTubeで期間限定公開

シネマトゥデイ

『シン・仮面ライダー』本ビジュアル – (C) 石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

 庵野秀明が脚本・監督を務めた映画『シン・仮面ライダー』(全国公開中)の冒頭2分49秒が、YouTube「東映映画チャンネル」で期間限定公開されている。あわせて、ストーリーの一部も明らかになった。

 『シン・仮面ライダー』は、1971年から1973年にかけて放送された特撮ドラマ「仮面ライダー」(原作:石ノ森章太郎)をベースに、新たに誕生したオリジナル作品。主人公・本郷猛/仮面ライダーを池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子を浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号を柄本佑が演じた。

 冒頭映像は、“ライダー”の名にふさわしいバイクアクションでスタート。自らの意思に反して、秘密結社SHOCKERのオーグメンテーションを受けた本郷は、仮面ライダーと名乗る前の“第1バッタオーグ”として登場し、無理やり背負わされた哀しき“強大な力”を行使する姿が描かれている。

 なお、毎日放送では映画公開を記念して、28日23時56分から「<特別放送>映画『シン・仮面ライダー』幕前/第1幕 クモオーグ編」をオンエア。冒頭で描かれる、仮面ライダーとSHOCKER上級構成員クモオーグ(声:大森南朋)の戦いをノーカットでテレビ放送する。(編集部・倉本拓弥)

『シン・仮面ライダー』ストーリー(一部)

望まぬ力を背負わされ、人でなくなった男。与えられた幸福論に、疑問を抱いた女。
SHOCKERの手によって高い殺傷能力を持つオーグメントと化した本郷猛は、組織から生まれるも反旗を翻した緑川ルリ子の導きで脱走。迫りくる刺客たちとの壮絶な戦いに巻き込まれていく。
正義とは? 悪とは? 暴力の応酬に、終わりは来るのか。

広告の後にも続きます

力を得てもなお、“人”であろうとする本郷。
自由を得て、“心”を取り戻したルリ子。
運命を狂わされたふたりが選ぶ道は。

 
   

ランキング(映画)

ジャンル