top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

尻尾が生えているため差別や偏見を受けてきた少年 寄り添おうとする少女 「尾かしら付き。」映画化決定

映画スクエア

 佐原ミズのコミック「尾かしら付き。」が、実写映画化されることが決まった。2023年に劇場公開される。

 「尾かしら付き。」は、お尻に豚のような尻尾が生えていることで偏見の目にさらされてきた少年・宇津見快成と、そんな彼に寄り添おうとする少女・樋山那智の、傷つきながらも心を通わせ合う、10年間の愛を描いた物語。

 原作者の佐原ミズは、アフタヌーン四季賞2001年冬のコンテストで佳作を受賞した「ROBOT」(月刊アフタヌーン)でデビューし、2004年に同誌で開始した「ほしのこえ」で連載デビュー。テレビドラマ化もされた「マイガール」や、「バス走る。」「鉄楽レトラ」などの代表作があり、20~30代の女性を中心に支持を集めている。

【作品情報】
尾かしら付き。
2023年劇場公開
©佐原ミズ/コアミックス ©2023映画「尾かしら付き。」

 
   

ランキング(映画)

ジャンル