top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

葵わかな&伊藤沙莉が演じる“元祖リケジョ”を描く『キッチン革命』が2夜連続で放送!

TVerプラス


戦前から戦後にかけての激動期、“食に関わる革命”を起こして日本を変えた女性たちがいた――! そんな実在の“元祖リケジョ”をモデルに、ヒロインたちの挑戦をパワフルに描くスペシャルドラマ『キッチン革命』(テレビ朝日系)が、3月25日(土)21時から、3月26日(日)21時から、2夜連続で放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

第1夜は葵わかな、第2夜は伊藤沙莉という旬の女優陣が主演を務め、林遣都、成田凌という人気実力派が彼女たちを力強く支えるパートナーを熱演。さらに、名女優・薬師丸ひろ子が、香美綾子(葵)の壮年期を演じ、2人のヒロインをつなぐ存在として登場する。

第1夜のヒロインは、レシピの原形の生みの親ともいうべき女性医師・綾子。彼女は、今では誰もが当たり前のように使っている計量カップ、計量スプーンを考案し、調理法が明文化されていなかった時代、あらゆる家庭で豊かな食生活が営めるよう、現代でいうレシピ=“料理カード”を作った女性。

最愛の母の死をきっかけに、医師の道を志した綾子。しかし当時は男尊女卑の思想が色濃く、彼女は時代の壁に直面する。そんなとき、変わり者の先輩医師・昇一(林)からかけられたのが、「君は、医者として日々やるべきことをやればいい。女性としてではなくひとりの医師として」という言葉。そのアドバイスに奮起した綾子は、昇一とともに脚気治療のための胚芽米研究をはじめて……!? その後、予防医学の重要性に目覚めた綾子は、誰もがおいしく栄養豊かな料理を作ることができるよう、料理カード作りに奔走することに。

渡部篤郎が綾子を導く恩師・花園順三郎を味わい深い演技で表現するほか、杉本哲太、石田ひかり、伊東四朗、筒井真理子、美村里江、和田正人ら日本を代表する名優たちが並ぶ、夢のようなキャスティングが実現! “料理の数値化”に挑んだ綾子の奮闘と愛の物語が感動的に綴られていく。

そして、第2夜の主人公は、戦後復興の荒波の中、“ダイニングキッチン”という新発想を果敢に取り入れ、日本の暮らしを変革した日本初の女性建築家・浜崎マホ(伊藤)。

“暗くて寒い北側に追いやられていた台所を家の中心に移し、光り輝くステンレスの流し台を備えた、明るいキッチンへと変身させたい!” そう考えたマホは日本住宅公団設計課長・本郷義彦(成田)とタッグを組んで過去に前例のない一大プロジェクトに乗り出す。 

海外育ちのマホは「できない理由を考えるより、できる方法を考える」が口ぐせのポジティブな性格だが、前例がないゆえにプロジェクトには高い壁が立ちふさがることに。そんなとき、彼女を支えたのが、本郷をはじめとする設計課員たち。新時代の台所づくりに向け、チーム一丸となって邁進していくさまは見る人の胸を打つこと間違いなし。

第2夜もまた、豪華キャストが勢揃い。北村一輝が初っ端からマホと対立する日本住宅公団副総裁・鈴木仙吉にふんするほか、中村アン、戸塚純貴、佐藤寛太、毎熊克哉、板尾創路、寺島進ら演技巧者たちが贅沢に結集し、ドラマに深い奥行きをもたらしている。

“LOOK UP”の精神で時代に挑んだ元祖リケジョたちの革命は日本の料理と台所の歴史を変え、確実に“今”につながっています。2人のバトンを受け取った私たちは未来に何を届けられるのか……!? 

<第1夜(3月25日放送)あらすじ>
1909(明治 42)年、実験と数字が好きな10歳の少女・綾子は、最愛の母・横田房枝(石田)を病気で失い、「お母さんのような人を助けたい」と決意。父・茂雄(杉本)の反対を押し切り、東京女子医専に進学する。

1926(大正15)年、女子医専を卒業した綾子(葵)は東京帝大医学部附属医院の内科に入局。しかし男尊女卑の時代、綾子は男性医局員たちに冷遇される日々を送る。担当した脚気患者からも、「担当を男性医師に変えてほしい」と要望を出されてしまう。

失意の綾子を救ったのが、医局の先輩医師・香美昇一(林)だった。彼は人付き合いが苦手で研究ばかりしている“変人”だったが、昇一は「君は、医者として日々やるべきことをやればいい」と綾子を鼓舞する。そんな2人がはじめたのは胚芽米の研究。当時、脚気は有効な治療法が確立されていなかったが、昇一はビタミンB1が多く含まれる胚芽米に光明を見出したのだ。しかし、胚芽米はおいしくないため患者にも嫌がられてしまう。そこで綾子は料理上手な叔母・横田フネ(筒井)に胚芽米を炊いてもらい、誰でもおいしさを再現できるよう時計や温度計、秤などありとあらゆる“モノサシ”を用意。胚芽米をおいしく炊くための条件を“数値化”していく。

恩師・花園順三郎(渡部)の助言もあり、予防医学の観点から栄養学を極めようと決めた綾子は、家庭料理には栄養バランスの整ったおいしいレシピが必要だと考える。だが当時、料理の作り方は明文化されておらず、料理人の勘や腕、経験だけの世界だった。綾子は有名料亭の親方・深谷辰之助(伊東)らに反発されながらも、料理法を数値化しようと奮闘して……。

<第2夜(3月26日放送)あらすじ>
1955(昭和30)年、日本住宅公団の設計課は、いつになくざわついていた。新たに公団住宅を作るにあたって、設計課長の本郷義彦(成田)が“お台所のマホ様”とよばれる浜崎マホ(伊藤)に設計チームのアドバイザーを依頼したためだ。マホは、日本初の女性一級建築士。海外育ちで日本の様式美を無視する曲者ともいわれていた。

初めの顔合わせで、マホはいきなり「一戸あたり13坪では狭すぎる」と公団の決定に異を唱え、従来の日本家屋で北側にあった台所を南側に置くことを提案。これまで寒い場所での苦しい作業だった“台所仕事”を快適なものにしたい、という理想からだった。

しかし、戦後日本のひっ迫した住宅事情から13坪という面積は覆らず、マホは“狭さに挑戦する”ことを決意。“妻・栄子(中村)のためにも素敵な台所を作りたい”という熱意を秘めた本郷とともに、理想の台所作りに向けて奔走する日々がはじまる。

狭い台所では動線の確保が困難で、料理がしづらい。そこでマホが思いついたのは、流し台の配列の変更だった。“動ける場所を広くする”のではなく、“動かないですむ”ようにする逆転の発想だった。さらに、じめじめして掃除が大変だった“ジントギ(人造石を成型して研ぎ出した素材)”の流し台を、汚れが落ちやすく、錆びないステンレスに変えることも提案。だが、国内でステンレスを生産している会社はなく、マホは住宅公団副総裁・鈴木仙吉(北村)に、大型プレス機購入を直談判する。

そんな中、マホが考案した流し台の配列に反対する声が上がり、それをきっかけに綾子(薬師丸)とマホが交錯する出来事が起きて……!?
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル