top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

混沌の先にあるのは希望か災いか?長澤まさみ主演『エルピス―希望、あるいは災い―』が5.26リリース

キネマ旬報WEB

 

長澤まさみが4年半ぶりに連ドラ主演を務め、眞栄田郷敦と鈴木亮平が共演。落ち目のアナウンサーと若手ディレクターらが連続殺人事件の冤罪疑惑を追う中で、“自分の価値”を取り戻していく姿を描く月10ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』が、Blu-ray&DVDとなって5月26日(金)にリリースされる。

 

 

 

広告の後にも続きます

〈エルピス〉とは、古代ギリシャ神話で〈パンドラの箱(壺)〉に唯一残されていたものとされ、「希望」または災いの「予兆・予見」などと訳される。本作でパンドラの箱を開けてしまった面々は、【希望】を見出しながら、痛みという【災い】も蒙っていく。そんな混沌の物語を編み上げた脚本家は、『カーネーション』などで知られ、これが民放連ドラ初執筆となる渡辺あや。演出は長澤まさみも出演した「モテキ」の大根仁が手掛けた。

 

 

 

特典に収録されるインタビューは3種類。「長澤まさみスペシャルインタビュー」は、いうまでもなく長澤まさみファン必見だ。「長澤まさみ×鈴木亮平×眞栄田郷敦 3ショットインタビュー」は、3者がドラマへの思いや見どころを和気藹々と語り合う。「渡辺あや×佐野亜裕美 インタビュー」では、作品の誕生秘話やタイトル決定の経緯が明らかに。

メイキングも要チェック。キャストたちは和やかながらも微妙な距離感を調整し、本番では完璧に演じ切る。クランクアップも収められ、監督は「新しいテレビドラマができた!」と宣言している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル