top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

山本耕史、人生を変えたのは結婚と子ども「あのまま変わらないでいたら、死んでいたんじゃないかなと思います」【インタビュー】

もっとエンタメ

 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の三浦義村、NHKドラマ10「大奥」の右衛門佐など、数々のドラマや映画で活躍し、現在はミュージカル「太平洋序曲」にも出演中の山本耕史。公開中の映画『長ぐつをはいたネコと9つの命』では、主人公・プスの声を担当している。本作は、人気シリーズ『シュレック』に登場した伝説のネコ、プスを描いたドリームワークスの最新作。山本に本作の魅力やプスの魅力、さらには人生を変えた出来事について聞いた。

-最初に本作の台本を読んだときの印象は?

 とにかく、僕が演じるプスの登場しているシーンが多かったので、驚きました。主役といえど、これほど出ている主役って意外といないんですよ(笑)。なので、これは大変だなというのが正直な感想です。ただ、ストーリーはとても面白かったですし、素直に感動しました。ワクワク、ハラハラするし、勇気ももらえる。これはきっとプスがネコという設定だからこそ素直に見ることができるんだと思います。実写だったら、素直に見られないと思う。なので、僕の声がじゃまにならないようにということを意識して演じました。

-山本さんが感じた本作の魅力は?

 劇中には、これまでの8つの命のプスが登場するシーンがあります。そこでのプスは、すごくだらしなかったり、傲慢(ごうまん)だったり、ずる賢かったり、人間の駄目な部分を見せています。そのほかにも酔っ払いプスや歌うプス、マッチョなプスなど、いろいろな設定のプスが出てくるのですが、唯一出てこないのは弱さや優しさを持ったプスです。この物語では、虚勢を張っていたプスが、優しさや本当の強さを手に入れることができるのかという、プスの生きざまが描かれています。冒険だけでなく、彼の成長も丁寧に描いているのが魅力だと思います。

-プスに共感できるところはありましたか。

 共感できると思いながら演じていたわけではないですが、改めて考えてみると、自分も同じような体験をしてきているなとは思います。プスは物語の前半では、虚勢を張って生きていますが、僕自身も仕事をしていく上で、強くいなくてはいけないとか、負けを認めたら駄目だと思う瞬間が、今でもあり…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル