top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「凄まじい勝負師だ!」「代打ではなく代走」“村神様”を信じ切った栗山監督の采配を韓国メディアが手放し称賛!【WBC】

THE DIGEST

 ありえないドラマチックな幕切れに、日本中が熱狂した。

 現地月曜日、米マイアミで開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝で、日本代表はメキシコと対戦。常にリードを許す苦しい展開ながら、懸命に食らいつき、1点ビハインドで迎えた9回裏の逆転サヨナラ劇につなげた。

 侍ジャパンの鮮やかな快勝劇を韓国のメディアも大々的に報道。スポーツメディア『MKスポーツ』は、9回裏の土壇場でみせた栗山英樹監督の采配に舌を巻いた。「代打ではなく代走! 監督の信念が村上の復活と勝利をもたらした」と題して、次のようにレポートしている。
 「日本から見て4対5で迎えた9回裏、無死一、二塁の場面だ。打席に立った村上はそれまで4打数ゼロ安打で3三振を喫していた。普通ならバントで送るシーンであり、村上にバントをさせるのが酷ならば代打を送るところだ。しかし栗山監督は代打ではなく、一塁に代走を送ったのである。村上の打棒を最後まで信じ切っていたのだ。凄まじい勝負師。見事に村上は長打を放ち、代走の選手が俊足を飛ばして逆転のホームインを果たしたのだから」

 いよいよWBCも残すは1試合のみ。日本時間3月22日に行なわれるファイナルで、日本はアメリカと雌雄を決する。試合開始はメキシコ戦と同じく、午前8時の予定だ。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】「村上打ったー!」劇的サヨナラ勝利となった準決勝メキシコ戦を厳選ショットで振り返る!

【画像】WBCで大暴れ中の大谷翔平を特集!ペッパーミルパフォーマンスや笑顔など秘蔵ショット満載!

【画像】韓国で大人気の美女チアリーダー、キム・ハンナが公開した“悩殺ショット”集をチェック!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル