top_line

野球!サッカー!スポーツ最新ニュースをまとめ読み

風吹ジュン 家庭崩壊の過去「53年会わなかった父」「子育てできなかった母」看取った人生訓

女性自身

風吹ジュン 家庭崩壊の過去「53年会わなかった父」「子育てできなかった母」看取った人生訓

「53年ぶりに再会したんですよね。小学校5年生で両親が離婚することになりまして。父は私を呼んでくれていたんですけど、断って母のところに行ったんですよね。私の意思で。

 

家庭は崩壊しているわけですからね。名前も変わって、環境も変わって(父のことはずっと)何も思ってなかったんですけど、突然、父の弟の方から連絡が入って、『もう会っておいたほうがいいんじゃない?』って声かけていただいて、会ったんです」

 

9日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でそう語った風吹ジュン(70)。風吹はかつて高校教師だった父親の不倫が原因で両親が離婚。兄とともに母親に引き取られ、それ以来、父親とは半世紀以上も“絶縁状態”にあったという。

広告の後にも続きます

 

番組だけでは語り切れない“壮絶な過去”について、風吹は昨夏のインタビューでこう語っている。

 

《久しぶりに会った父は、要介護3の状態で病院のベッドに横たわっていました。そして、その傍らには私が幼い頃に家族が崩壊する原因となった女性が未だに寄り添い、父の看病をしていました。そんな彼女から父の話を聞くのは、複雑でもあり、初めて耳にする数々は興味深くもありました》(『HERS』’22年夏号)

 

’18年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の撮影で大阪に滞在していた風吹はそれまでの時間を埋めるように、父親が住んでいた奈良の病院へ幾度となく通ったという。父親が第二次世界大戦期、海軍航空隊に所属し、戦時中にゼロ戦のパイロットだったことも初めて聞かされたそうだ。そして父親が’21年、96歳で亡くなった気持ちを同誌でこう告白。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル