top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

青木瀬令奈が4打差逆転V 上田桃子はバックナインで失速3位

GDO

青木瀬令奈が4打差逆転V 上田桃子はバックナインで失速3位

◇国内女子◇Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント 最終日(19日)◇鹿児島高牧CC(鹿児島)◇6419yd(パー72)

4打差の2位から出た青木瀬令奈が8バーディ、ボギーなしの「64」で回り、大会記録を3打更新する通算17アンダーまで伸ばして逆転優勝した。昨年7月「資生堂レディス」以来のツアー4勝目で、3日間大会54ホールノーボギーでの優勝は史上13人目となった。

4打差の通算13アンダー2位に笹生優花。単独首位で出た上田桃子は1番から5連続バーディを奪う絶好のスタートを切ったが、バックナインで失速。5バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「74」と崩れ、原英莉花、小祝さくら、稲見萌寧、ルーキーの平岡瑠依らとともに9人が並ぶ通算11アンダー3位で終えた。

昨季の年間女王、山下美夢有は5連続を含む10バーディ、1ボギーで大会コース記録の「63」をマークし、通算10アンダー12位に入った。

広告の後にも続きます

アマチュアの馬場咲希(代々木高2年)は通算9アンダー16位だった。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル