top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

非常口かと思いきやまさかの「非情口」 思わず吹き出すユニークな立体作品

おたくま経済新聞

 学校や駅、商業施設等でよく見かける「非常口」のマークをモチーフにした、ユニークな立体作品がツイッターで話題です。投稿された動画に映っている作品は、一見すると普通の非常口に見えますが、掲示されている文字は「非情口」?

【元の記事はこちら】

 装置を動かして、人形を扉の方へ近付けると……なんと扉が閉まってしまいました。何度繰り返しても、フェイントをかけてみても、扉は必ず閉まってしまいます。……まさに非情。

 作品を制作したのは、クリエイターの「山中杏一」さん。これまでにも、3Dプリンターを用いて制作したクスッと笑える立体物や、オリジナルのコスチューム等をSNSで多数公開しています。

 そんな山中さんが作品を作る際は、ダジャレや同音異義語からネタを探すことが多いそうで、今作「非情口」も、街中で非常口の看板を見かけた時にふと閃いたものであるとのこと。

広告の後にも続きます

 さらに今回は単に同音異義というだけでなく、「脱出しようとすると扉が閉まってしまう」というストーリー性を持たせられることにも注目。手動にて実際に動かせる作品にすればより面白いのではないかと考えたことから、制作を決意しました。

 その肝となるのは、やはり内蔵機構の部分。動画を見ると、ドアの下部にラックギアが仕込まれており、それが人形側の歯と噛みあうことで連動して動く仕組みとなっていますが、3Dプリンターでギアを作るのは初の試みだったそう。

 少しでも形が悪ければ、動かないこともある機構でしたが、これがなんと一発で成功。人形とドアがスムーズに可動し、よりこのシーンの非情さが際立つ仕上がりとなっています。この出来栄えには山中さんも非常に満足しているとのこと。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル