top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ハマる男に蹴りたい女』藤ヶ谷太輔が上海へ? 関水渚との大人の恋がついに決着

Real Sound

『ハマる男に蹴りたい女』 ©テレビ朝日

 Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務めるテレビ朝日系オシドラサタデー『ハマる男に蹴りたい女』が、3月18日に最終回を迎える。

 参考:【写真】食卓を囲む藤ヶ谷太輔&関水渚ら

 本作は、『Kiss』で連載中の天沢アキによる同名漫画ドラマ化するもの。ひょんなことから下宿の管理人になってしまった元エリートの紘一が、ズボラお仕事女子のいつかと“オトナの一つ屋根の下ラブコメ”を繰り広げる。

 ついに、これまで避けてきた母・設楽しま子(大地真央)に、大手飲料メーカー「カヅキビール」を辞めたこと、離婚したこと、現在は無給で下宿「銀星荘」の管理人をしていることがバレてしまった紘一(藤ヶ谷太輔)。息子の現状に驚くしま子だが、「カヅキビール」時代の功績を認め、紘一に自分の会社の上海支店の立ち上げを任せたいとヘッドハンティングする。

 自分が“本来いるべき場所”に戻るにはそれしか方法はないのかもしれないと痛感しつつも、後ろ髪を引かれる思いで、紘一はいつか(関水渚)に相談する。すると、いつかから返ってきた答えは「行ってみたらいいと思います。やっぱり管理人さんのこと、好きになれそうにありません」。その言葉にぼう然としながらも、紘一は「銀星荘」を出ていく決意を固める。

広告の後にも続きます

 しかし、その言葉はいつかの本心ではなかった。香取俊(京本大我)に背中を押され、ようやく自分の気持ちに素直になり、紘一に「好き」と伝えようとした矢先だったいつかは、“本来いるべき場所”に戻る紘一の邪魔をしたくないという一心で、自分の気持ちを必死に押し殺していた。

 「銀星荘」を出ていく決意を固め、荷物をまとめ始めた紘一。そこに「カヅキビール」時代の後輩・武田直樹(西垣匠)から連絡が届く。行くあてもないため、そのまま彼の家に転がり込もうと考えた紘一だが、いつになく真剣な表情を浮かべた武田から“ある人物”を助けてほしいと頼まれてしまう。そんな中、「銀星荘」では、いつか、ナオ、香取、増田すず(久保田紗友)が、上海へと旅立つ紘一の送別会を行うことに。すると、そこに紘一の正式な回答を待ちきれないしま子まで現れる。

 果たして、紘一はしま子の提案を受け入れ、本当に上海へ行ってしまうのか。そして、自分の気持ちを押し殺したいつかはどんな行動に出るのか。(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル