top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

呂布カルマ、新番組『正解の無いクイズ』レギュラーも決定 タレントパワー急上昇の背景にある3つのポイント

Real Sound

呂布カルマ『Lucky Boy, Lucky Girl』

 現在のタレントパワーで間違いなく急上昇中の存在となっている、ラッパーの呂布カルマ。2022年から徐々に地上波のテレビ番組への露出が増え、2023年3月1日に『有吉の壁 名古屋の壁を越えろ!2時間SP』(日本テレビ系)に出演した際にはSNSのトレンドにあがり、さらに同日『あちこちオードリー』(テレビ東京系)にも登場。4月3日より新番組『正解の無いクイズ』(テレビ東京)へのレギュラー出演も決まった。

(関連:『フリースタイルダンジョン』3代目モンスターの特徴は? 新たなドラマ性にも期待

 今後、さらに引っ張りだこになるはずの呂布カルマ。それにしてもなぜラッパーの彼がバラエティ番組で活躍できているのか。

■呂布カルマの知識に驚いた「ツバキ」をめぐるラップバトル

 その理由のひとつは、知識量の豊富さとそれを繰り出す頭の回転の速さである。呂布のことをそれほど知らない人に向けて、その知識量と回転の速さを証明するものとしてオススメしたいのが、2021年4月10日開催のフリースタイルラップバトル『戦極MCBATTLE 第23章』における、CHEHONとの一戦。

広告の後にも続きます

■CHEHON vs 呂布000カルマ/戦極MCBATTLE 第23章(2021.4.10)

 呂布のバース「メッキ剥がすつもりが 何枚めくっても下から花を咲かせたら 椿みたいに花を咲かす お前を逆さまにして潰してやるぜ」に対し、「椿の花は咲かない そのかわりお前に唾を吐くんです」と返すCHEHON。「ツバキ」「ツバ」というワードが軸となったことで、呂布は「“ツバキ”吐きかけられたって俺はコロナもなんも怖くねーんだよ 吐いた唾飲むなよ 俺はお前に唾飛ばすような真似はしねえ 唾が飛ぶのは発声の仕方を間違えてるぜ 俺はここマイクにだけ言葉を吐きかける」とアンサー。CHEHONは笑いを抑えきれないといった表情で「“ツバキ”吐きかけられた言うてましたよ、兄さん 唾を吐いてるって俺言うてんねんで 間違ってるやん、もう テンパってもうてますよ兄さん」と呂布の言い間違いの揚げ足をとっていく。観客の誰もが「呂布がミスをした」と思い、CHEHONの勝利を確信した次のバース。呂布は「いや、“唾”って“唾吐き(つばき)”を略して“唾”なんだけど それ知らねえのかな、CHEHON 俺が教えてやるよ 絵本でも分かるような簡単な日本語 これが俺の手本」と見事に返してCHEHONを行き詰まらせた。

 呂布の日本語に対するあまりに深すぎる理解力に、観客すらもそのバースが正しいのかどうか判断できず、それほどアガらなかったのが逆にすごさをあらわしている。実際、このバトルを鑑賞した観客や動画視聴者は、呂布の言っていることが正確なのかどうかを後に調べて「本当だ」と驚き、知識量の豊富さに敬服した。

 呂布の魅力はそういう知識を瞬時に繰り出せるスピード感である。しかもこの「ツバキ」と「ツバ」をめぐるバースは偶然そうなったのではなく、撒き餌を仕掛けたようにも思える。CHEHONが「“ツバキ”吐きかけられたって言っていましたよ」「唾を吐いてると言った」と返してくるのを見越し、相手がまんまと乗っかってきたところを狙い澄ましてアンサーする。こうなると相手は歯が立たない。

 バラエティ番組には、たくさんのお笑い芸人らが共演者として揃っている。そこでは咄嗟のツッコミやボケに反応する必要がある。だが呂布は、知識が豊富で頭の回転も速いからこそ瞬時に対応できる。それが現在、彼がバラエティ番組で重宝されている理由ではないか。

■呂布カルマ史に残る傑作バース「魔法陣完成」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル