top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

『にじさんじ』成功の裏には“路線変更”があった! 初期メンバーの採用基準を元COOが暴露

まいじつ

『にじさんじ』成功の裏には“路線変更”があった! 初期メンバーの採用基準を元COOが暴露 (C)PIXTA

界隈でトップクラスの勢いを誇っている人気VTuberグループ『にじさんじ』。同グループを運営するANYCOLOR株式会社の元COO、“いわながちゃん”こと岩永太貴氏が、意外な裏話を明かしたことで、ファンの間で大きな注目を集めている。

【関連】『にじさんじ』運営の決算に衝撃! ジャニーズに代わる“男性アイドル新帝国”誕生か ほか

採用基準は「キャラクター性」と「おもしろ感」

「にじさんじ」の歴史は2018年2月、1期生のライバーたちがデビューした時から始まった。

当時のANYCOLORは「いちから株式会社」という社名の設立1年目企業で、わずか数名の社員しかいなかったと言われている。

岩永氏はその社員のうちの1人で、2018年3月にデビューした2期生たちの採用面接を担当。また1期生に関しても、直接面接はしていなかったが、採用審査に関わっていたという。

広告の後にも続きます

初期の「にじさんじ」をよく知る貴重な人物の1人と言えるだろう。

そして3月16日、2期生出身のライバーである文野環が逆凸配信を行ったのだが、そこに岩永氏がサプライズ的に登場。数名のライバーたちと共に、「にじさんじ」立ち上げ当時の思い出話について花を咲かせた。

中でも興味深かったのが、「にじさんじ」初期メンバーの採用についての裏話だった。

1期生と2期生、それぞれの採用基準について、「1期生はキャラクターの感じと声の感じ重視で選んだ」「2期生はどっちかというと、合うかどうかみたいなキャラクター性の部分より、おもしろ感で選んだ」と説明するのだった。

1期生のライバーとしては月ノ美兎や樋口楓、静凛や勇気ちひろなどが有名だが、たしかにVTuberとしてのキャラクター設定と本人たちの言動がかみ合っている印象だ。

VTuber業界の用語でいうと、“ロールプレイ”の適性が高いということになる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル