top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

「花見」実は比喩の一種だった。ふうゆ・かんゆ・ていゆって何?

BOOKウォッチ

ふだん使いの文章レトリック(笠間書院)

 文章表現の基本である、比喩。「直喩」と「隠喩」があると国語の授業で習った記憶のある人は多いのでは。実は比喩には他にも種類があることをご存じだろうか?

 作家のながたみかこさんが文章の表現技法=「レトリック」を紹介している本『ふだん使いの文章レトリック たとえる、におわす、ほのめかす!?』(笠間書院)では、直喩と隠喩のほかに「諷喩(ふうゆ)」「換喩(かんゆ)」「提喩(ていゆ)」が取り上げられている。奥深い比喩の世界を覗いてみよう。


 まず、直喩と隠喩をおさらいしよう。

■直喩:なぞらえて明示する

 「彼女は太陽のように笑った」など、「まるで~ように」「~みたいに」などの語を使って、あるものになぞらえて表現する技法。

広告の後にも続きます

■隠喩:なぞらえて断定する

 直喩の「まるで~ように」がないもの。「今週は地獄のようだ」が直喩で、「今週は地獄だ」と断定するのが隠喩。卵黄を月になぞらえる「月見うどん」、博識な人物を辞書になぞらえる「生き字引」なども隠喩に当たる。

 ここまでは基本的な比喩表現。では、他の3つの比喩を見てみよう。


■諷喩:隠喩の連続で語り続ける

 一貫した隠喩の視点で書かれた文章。直喩や隠喩が「○○を××にたとえている」と文中ではっきりとわかるのに対して、諷喩は「ずっと××の話をしているように見えて、実は○○のことを言っている」と、前後の文やシチュエーションから察するのが特徴だ。たとえば、鴨長明の『方丈記』の冒頭が代表的だ。

行く川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。(中略)世の中にある人とすみかと、またかくの如し。

 「河の流れは絶えることがなく、もとの水は常に移り変わっている。(ながたさん訳)」が諷喩の部分。河の話が実は比喩だったことを、「世の中にある人の運命や家もこれと同じことである。(同訳)」と直喩を使って種明かししている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル