top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

欧州から「世界金融危機」の火の手? 総資産がスイスGDPの7割超クレディ・スイスが経営危機…エコノミストが指摘「大きすぎて潰せないのがやっかい」

J-CAST会社ウォッチ

世界金融危機の火の手は米国から上がると思ったら、意外にも欧州から?

2023年3月15日、欧州最大級の金融コングロマリット「クレディ・スイス・グループ」が経営不安に陥り、世界株安の事態となった。クレディ・スイスは3連続破綻した米地銀と違い、本拠地スイスのGDP(国内総生産)の7割以上の資産を持つ、超巨大銀行だ。

仮に破綻したら、欧州発の激震が世界を揺るがすことになる。どうなる世界経済? エコノミストの分析を読み解くと――。

とかく「悪評」が絶えない巨大銀行、最近も1兆8000億円の「取り付け騒ぎ」

報道をまとめると、パニックのきっかけは3月15日。業績不振が続いていた「クレディ・スイス・グループ」に対し、筆頭株主であるサウジアラビア最大の銀行「サウジ・ナショナル・バンク」のアンマル・フダリ会長が、「断じて追加投資をしない」と表明したことだった。理由は「クレディ・スイスは大きすぎて、助けられない」というもの。

同日の欧州株式市場では、下降傾向だったクレディ・スイス株が前日比で、一時31%も下落。欧州の主要600社で構成される株価指数ストックス600は前日比3%安となり、特に銀行株の下げが大きかった。たとえば、オランダのINGグループが10%安、ドイツ銀行やイタリアのウニクレディトが9%安といったありさまだ。米国S&P500種株価指数の下げも2%を超えた。

広告の後にも続きます

スイス国立銀行(中央銀行)は15日、「必要に応じてクレディ・スイスに流動性を供給する」と表明。これを受けてクレディ・スイスが16日、「スイス国立銀行から最大500億スイスフラン(約7兆1000億円)を調達する用意がある」と発表したが、国境を越えて飛び火した世界株安は収まらなかった。16日の東京市場では日経平均が2万7000円を割り込み、一時500円以上値下りした。

また、米3銀行の破綻に続き、米銀の経営不振情報が広がった。16日付ブルームバーグによると、サンフランシスコを本拠とするファースト・リパブリック・バンクが売却を検討しており、同銀行に対して複数の格付会社が格付を「ジャンク級(投資不適格)」に引き下げたという。


スイスのオフィス街

それにしても、クレディ・スイスとはどんな金融機関なのか。

クレディ・スイスは、スイス・チューリッヒに本社を置き、証券・投資業務を中心に、特に富裕層向けの資産管理と運用を行うことで知られる。50年以上にわたり、中東と密接に取引関係を結び、1人のプリンス(王族)に1人の担当者が張り付くケースも珍しくないという。

しかし、近年はトラブルが絶えなかった。昨年(2022年)2月、スイスの調査報道メディアが顧客情報をもとに、「汚職官僚や犯罪者がクレディ・スイスに80億ドル(約9200億円)を預金している」と報道、スイス国会で問題になった。

また、10月には米検察が詐欺罪で摘発した米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの「高リスク投資」に顧客を紹介したとして集団訴訟を起こされ、巨額の損失を出している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル