元宝塚宙組トップスター・朝夏まなと、初のフォトブックで思わずドキッとするセクシーな視線も「頑張って女性らしくしてみた」
元宝塚宙組トップスター・朝夏まなと、初のフォトブックで思わずドキッとするセクシーな視線も「頑張って女性らしくしてみた」
朝夏まなと 1st PHOTO BOOK「welina」11月19日(月)発売
元宝塚宙組トップスター・朝夏まなとのフォトブックが11月19日(月)に発売。これを記念した握手&お渡し会イベントがHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEにて行われた。

宝塚歌劇団宙組トップスターとして、輝かしい人気を誇った朝夏まなと。太陽のように明るくポジティブ、親しみやすく、飾らない気さくな性格で、ファンや宝塚時代の仲間たちからは“まぁ様”の愛称で慕われていた。そんな彼女が‘17年11月19日に惜しまれながらも宝塚を退団し、女優として道のりを歩み始めてからちょうど1年、初のフォトブックを発売した。

本作は、“初めて見せる表情(かお)”をテーマに、クール、キュート、ナチュラル……と、さまざまな表情を切り取った一冊。電車や海で無邪気にはしゃいだり、居酒屋でビールをおいしそうに飲んだりと、“日常”を彷彿とさせるシチュエーションや、思わずドキッとしてしまうセクシーな視線も収められている。

会見に登場した朝夏は、撮影を振り返り、「いろんなシチュエーションで撮らせていただいたんですけれども、ちょうどまだ自分が女優として作品に出る前の転換期に、その時にしかない写真を撮っていただきました。ですので、まだ中性的な雰囲気があったり、頑張って女性らしくしてみたり、あとはロケに行って自然な状態でも撮ってもらって、自分と向き合う時間になりました」と感想を。発売された本を手に取り、「出来上がりもとても素敵で、すごく楽しかったです」と会心の笑みを見せた。

なかでも、お気に入りは「表紙にもなった海での一枚」だそうで、「完全に素の私が出ているなと思って、作っていない笑顔と言いますか、本当に楽しかったので、心からの笑顔だなと思って選びました」と紹介。銚子の海で行われたロケは、「お天気も良くて、開放的な気分になって、カメラマンさんがすごくお優しい方だったので、一緒にセッションしながら撮影したんですけれど、『いつ撮っているんだろう?』っていうくらい、ずっとずっと動き回っていて、自然な姿が撮られていました」と現場の様子も明かした。

11月19日は、宝塚を退団して丸1年という節目の日。朝夏自身、感慨深いようで「ちょうど去年、この日比谷の道で卒業のパレードをしていたので、まさか1年後にこうなっているとは思ってもみなかったです」としみじみ。「この1年間に私が思ったこと、感じたことを、1年経ってこのような本にまとめていただいて、皆さんにお届けできるというのは本当に嬉しいことですし、是非たくさんの方に読んでいただきたいなと思っています」と力を込めた。

女優に転身してから感じた“宝塚時代とのギャップ”を聞かれると、「やはり男性がお稽古場にいることですね(笑)」と。「もちろん当たり前なんですが、相手の方が“作っていない男性”ですから(笑)、そこに自分が女優として女の人を演じる上で、何か心構えや、変えなきゃいけない部分があるのかなと思っていたんですけど」と戸惑いがあったことを告白。だが実際には、「もう自然に、男性と一緒にお芝居をするということは、自分が自然に女性になれるというか、その辺は助けられましたね」と不安はすぐ解消されたという。「そういった環境にも楽しく馴染めたので、『マイ・フェア・レディ』のカンパニーもすごく温かい方ばかりでしたし、そして今『オン・ユア・フィート!』の稽古をしていますが、皆さん舞台が好きな方たちが集まっているので、特に大きいギャップはないですね。やっぱり楽しいです」と声を弾ませた。

それでも、これまでの経験から男性の仕草が抜け切らないらしく、「歩く時に肩が揺れてしまうんです。最初にそれをご指摘いただいて、注意していたらそこはクリアしたんですけど、階段を降りる時にまた揺れちゃって(笑)。そういえば私、宝塚時代に階段をよく降りてたなって(笑)。その癖はありますね」と打ち明け、笑いを誘った。さらに「この前も(女性の手を取るように)手を出しちゃったんです。そしたら相手の方が手を置いてくれて、『あっ違った!』と」気づいたとか。そんな長年演じてきた男役スターならではのエピソードも飛び出し、会場を沸かせた。

女優としての飛躍が期待される今後、「ありがたいことに舞台のお仕事をたくさんさせていただいて、来年もいろんな作品、いろんな役に挑戦させていただくんですけれど、映像のお仕事にも興味があるので、いつか映画のお仕事をしてみたいなと思っています」と抱負を。演じてみたい役については、「カッコイイ女子の役をやれたら」と新たなるステージへの意欲を語った。

会見後は握手&お渡し会に登場した朝夏。あらためてフォトブックの見どころについて「私の幼少期から今まで、そしてこれからの思いを色々と綴っております。写真もいろんなシチュエーションで撮っていただいて、自然な表情を引き出していただいているので、ぜひ手に取って読んでいただけたらと思っております」とアピール。ファン一人一人と丁寧に向き合いながら、つかの間の交流を楽しんだ。


【プロフィール】
◆朝夏まなと(あさか まなと)
1984年9月15日生まれ。佐賀県出身。乙女座。A型。‘02年に宝塚歌劇団に入団、’15年に宙組トップスターに就任。以降、ラダメスを演じた「王家に捧ぐ歌」、トートを演じた「エリザベート」など、話題作を上演。’17年11月に惜しまれつつも退団した。現在は東宝芸能に所属。今年4月に、退団後初のコンサート「MANA-ism」を開催し、9〜11月にはミュージカル「マイ・フェア・レディ」に主演(神田沙也加とWキャスト)。12月より、世界的歌姫 グロリア・エステファンを演じるミュージカル「オン・ユア・フィート!」を、主演にて日本初上演する。そして今後も、「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」、「Little Women -若草物語-」(主演)、「天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜」(主演/森公美子とWキャスト)の出演が決定している。

【商品情報】
朝夏まなと 1st PHOTO BOOK「welina」
●発売日:2018年11月19日(月)※一部、発売日が異なる地域がございます。
●定 価:本体2,800円+税
●撮 影:天日恵美子
●発売元:株式会社東京ニュース通信社

(更新日:2018年11月23日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME