top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

スクエニの二の舞? セガによる真のRPG『シン・クロニクル』“命乞い”叶わずサービス終了

まいじつ

スクエニの二の舞? セガによる真のRPG『シン・クロニクル』“命乞い”叶わずサービス終了 (C)PIXTA

セガが手掛けるスマートフォン向けRPG『シン・クロニクル』が、5月31日でサービス終了を迎えることが明らかとなった。

リリースからわずか1年2カ月という短さで終わってしまう同作に対して、ユーザーからは「真のRPGとは何だったのか…」といった声が寄せられている。

【関連】『FF7リメイク』でティファ人気急落!? スクエニの“微妙な人気のヒロイン”3選 ほか

「真のRPG」だったはずがスピードサ終

「シン・クロニクル」は、今年でサービス開始10年目を迎えるスマートフォン向けアプリ『チェインクロニクル』の後継作として制作された。

滅びが約束された世界・ヘルドラを舞台として、魔物と戦う「境界騎士団」の活躍を描いたストーリーだ。

広告の後にも続きます

また“一度きりの物語”という触れ込みで、プレイヤーが取り返しのつかない運命の決断を迫られるのが同作ならではのシステム。

リリース前に公開されたティザートレーラーでも、そうした尖ったゲーム性を押し出しており、「取り戻そう、真のロールプレイングゲームを、スマートフォンで」「あなたはきっと真のRPGを知る」といったキャッチフレーズが謳われていた。

大言壮語ともとれる強気な姿勢だったが、いざリリースされるとセールスランキングは振るわず、苦戦を強いられてしまう。

そして3月14日、ついにサービス終了の告知が発表されることとなった。

ただ、公式サイトで掲載された「シン・クロニクル開発レターvol.7」によると、今後もイベントストーリーの追加や、メインストーリーの最終章となる第6章の配信などが行われていくとのこと。

またサービス終了後には、ストーリー閲覧など、回想コンテンツを利用できる機能限定版の配信が予定されているという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル