top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山寺宏一&水島裕&野坂実のラフィングライブ『パパ、アイ・ラブ・ユー!』稽古場レポート

SPICE

山寺宏一&水島裕、そして演出家の野坂 実の演劇ユニット「ラフィングライブ」の第4回公演『パパ、アイ・ラブ・ユー』が、11月29日(木)より12月2日(日)まで三越劇場で上演される。

『パパ、アイ・ラブ・ユー』は、イギリスの劇作家レイ・クーニー原作、小田島雄志、小田島恒志が翻訳。2015年に、ラフィングライブの旗揚げ公演でも上演された。初演では連日満員。瞬く間に広がった爆笑&絶賛の口コミにより、最終日には立ち見も出た。

再演となる今回も「豪華すぎる!」と話題の出演陣には、山寺と水島のほか、大塚明夫、桑田亜紀、寿 美菜子、小日向星一、斉藤こず恵、斎藤志郎、坂口候一、関智一、高垣彩陽、宮沢きよこが名を連ねる。

2015年以来、ふたたび挑む『パパ、アイ・ラブ・ユー』。稽古の模様を取材するとともに、山寺、水島、そして野坂に意気込みを聞いた。


ワンシチュエーションの傑作喜劇

広告の後にも続きます

取材したのは、水島、山寺、寿、斉藤の場面の稽古の模様だ。スタジオには歴史を感じさせる柱や窓のセットが組まれ、重厚感あるソファが置かれている。三越劇場の華やかな装飾と趣きある舞台空間に、このセットがおさまることを想像すると、はやくもワクワクしてくる。


物語の舞台は、英国ロンドンのセント・アンドルーズ病院の、ドクターたちの控え室。山寺が演じる主人公のエリート医師・デーヴィッドは、まもなくはじまる学会のスピーチの練習に勤しんでいる。世界から集まる医師たちに向けて行うもので、今後の出世がかかる大事な局面だ。


しかし季節はクリスマス前。クリスマスの出し物のことで頭がいっぱいの同僚マイク・コノリー医師(関智一)や、ヒューバート・ボニー医師(水島裕)、婦長(斉藤こず恵)や、夫の晴れの舞台をみにきた妻のローズマリー(寿美菜子)たちが、入れ替わり立ちかわり登場し、悪意なくデーヴィッドのスピーチの練習の邪魔をする。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル