top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

針金380mで「手編み」したチェインメイル FF14愛によるリアルなコスプレ衣装

おたくま経済新聞

 ないものは作ればいい、というのがコスプレの醍醐味。自作の衣装やアクセサリー、小道具は、キャラへの深い愛を感じさせてくれます。

 ファイナルファンタジー14(FF14)に登場するキャラ、オルシュファンが着用しているチェインメイル(鎖帷子)を380mもの針金から手作りしたというツイートが注目を集めました。イイ……すごくイイぞ……!

【元の記事はこちら】

■ オルシュファンへの思い入れから自作を決意

 画像をツイートしたコスプレイヤーのKEIさんによると、このチェインメイル(鎖帷子)は4年ほど前に手作りしたものだとのこと。「銀剣」の二つ名を持つオルシュファンはFF14の中でも重要なキャラであり、その生き様に感動したことから、その愛をコスプレで表現したいと考えたのだといいます。

 コスプレ衣装を制作する際、生地感や素材にこだわる派だというKEIさんは、オルシュファンの衣装を作るにあたり、金属製のチェインメイルは必須だと考えました。ところが、既製品は男性サイズしか見当たらず、しかも高額。そこで自作することに決めたのだとか。

広告の後にも続きます

 チェインメイルは、針金で作ったリングをつなぎ合わせ、編むようにして作られています。参考にしたのは、海外の方によるチェインメイル制作ブログ。針金からリングを作り、それをつなぎ合わせる手法だったため、それを真似て作り始めました。

 チェインメイルを「編む」といっても、素材となる針金がどれくらい必要になるのか、見当がつきません。このため、何度か針金を買い足したといいます。

 「最初は『まぁ、これだけあれば足りるだろ……』と根拠もなく針金を100m買ったのですが、胴体の半分にもならず200m買い足し、それでも袖が足りずまた100m買い足し……という感じでした(笑)」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル