top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

脱帽→深々お辞儀→抱擁で投手ねぎらう 「日本愛」話題WBCチェコ監督の行動にSNS感動

J-CASTニュース

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)1次ラウンドプールBのチェコ対オーストラリア戦が2023年3月13日に東京ドームで行われ、オーストラリアが8-3で勝利し2次ラウンド進出を決めた。

試合中にはチェコの投手が降板する際、パベル・ハジム監督がマウンドで「おじぎ」をして交代を告げるシーンがみられ、野球ファンの間で話題を呼んでいる。

6回途中1失点の投手ねぎらう

チェコは3月11日に日本代表と対戦。2-10で敗戦したものの、全力プレーや選手たちの前向きな表情が日本のファンの間で話題を呼んでいた。

13日には準々決勝進出の可能性を賭けてオーストラリアと対戦。6回まで1-1と強豪・韓国を破った相手に善戦するも、7回以降に立て続けに失点し3-8で敗戦。1次ラウンド敗退が決まった。

この日先発したシュナイデル投手は6回途中まで相手打線を1失点に抑える好投を披露。6回1アウトで四球を与えたところで、65球の球数制限を超えたため降板となった。ハジム監督が降板を告げるためマウンドへ向かうと、帽子を取って一礼。さらにシュナイデル投手と抱き合い、ベンチへと送り出した。マウンドを降りたシュナイデル投手に会場から拍手が注がれる中、シュナイデル投手も帽子を取って歓声に応えていた。

広告の後にも続きます

米FOXスポーツのツイッターは「監督からお辞儀をされ、ファンからスタンディングオベーションを受けるに十分だった」(編集部訳)とシュナイデル投手の活躍とハジム監督の「お辞儀」を紹介。好投した投手をいたわるハジム監督の行動は、ツイッター上の野球ファンの間で「選手をリスペクトできる素晴らしい監督」「やっぱチェコ好き」「チェコの監督の株爆上がり」「I love this team so much(このチームが大好きです)」などと話題を呼んだ。

ハジム監督は試合後の記者会見で、日本語で「必勝」と書かれた日の丸デザインのハチマキをつけて登場し、日本への感謝を伝えたことが報じられている。

 
   

ランキング

ジャンル