top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「こんな一生懸命ふざけたことねぇな」 チョコプラ松尾が芸人めざしたきっかけ?逸話に共演者感動

J-CASTニュース

お笑いコンビ「チョコレートプラネット」松尾駿さんが、2023年3月12日に放送された「手書きMAPで街探検 地図にナイナイTOWN」(テレビ朝日系)に出演。学生時代の同級生の口から、松尾さんが「お笑い芸人を目指したきっかけ」に関するエピソードが明かされた。

「そいつを笑わせるのにホント必死になって…」

番組は、松尾さんの地元である神奈川・箱根で、番組MCのお笑いコンビ「ナインティナイン」が松尾さんの指示したルートをめぐるという内容。「ナイナイ」が乗車したタクシーの運転手は、実は松尾さんの中学・高校の同級生の真司さんだった。

そこで、「ナイナイ」矢部浩之さんが「松尾さんはずっと言うてたんですか? 芸人になるとか。(ドライバーさんが思う)きっかけとか分かります?」と尋ねると、真司さんは「私が勝手に思っているのがひとつありまして…」と切り出す。「20歳くらいだったと思うんですけど、駿と仲良かった10人くらいの友だちの1人の親父さんが早くに亡くなったんですよ。で、『俺たちのできることは何だろう?』と思って、そいつを笑わせるのにホント必死になって、ふざけたんですよね」と振り返る。

そして、帰りの車中で松尾さんが真司さんに「ボソっと『こんなに一生懸命ふざけたことねぇな』って言ってたんですよ。それが芸人になりたい、っていうきっかけだったのかなって」と回顧。この話を聞いた岡村隆史さんは「ウソみたいな話ですやん。めちゃくちゃええ話ですやんか」と反応し、矢部さんも「なんか(松尾さんは)熱いタイプやね」と新たな一面に感心する。

一方、当の松尾さんは、「思わぬ方向に行ってるよ…」と照れ笑いを浮かべ、「ナイナイさんのラジオが面白いって教えてくれたのは真司なの」「東京に出て、お笑いをやろうっていうときに真司を誘ってんの」と真司さんとの知られざるエピソードを明かすのだった。

 
   

ランキング

ジャンル