top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

経験少ないけど「ニーズ高まる」ITエンジニアに転職したい! 企業側はどれくらい受け入れたいものなのか?

J-CAST会社ウォッチ

人材不足が叫ばれる昨今ではあるが、企業におけるITエンジニアの人材獲得が過熱している――。

転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリア(東京都千代田区)が2023年3月1日に発表した「dodaビジネスパーソンと企業の転職意識ギャップ調査 第5回『ITエンジニア職』」によると、「エンジニア(IT・通信)」の求人倍率はコロナ前の2019年1月と比べて約11.2倍にまで伸び、デジタル化やDX化推進のための採用ニーズが高まり続けているという。

一方で、ITエンジニア職未経験の求人の割合も約3倍に伸び、応募者の異職種転職へ期待感が高まっている。ところが、ポジションや求められるスキルなどで、応募者と採用側に若干の認識ギャップがあるなど転職の実態が明らかになった。

ITエンジニアの求人倍率が11.2倍に! 超売り手市場の理由は?

この調査は、コロナ禍を一因として起きた産業構造の変化から、デジタル化やDX化の推進役としてのITエンジニアが注目を集めていることを背景にビジネスパーソンと企業に意識調査を行うもの。

2023年1月20日から1月27日応募者への「個人向け調査」と採用側の「企業向け調査」に分けて実施した。

広告の後にも続きます

個人向けでは全国に住む転職を検討しているまたは興味がある、ITエンジニア職未経験者・微経験者および現職以前にITエンジニア職経験がある20から30代男女会社員(正社員・契約社員)の200人を対象とした。企業向けでは、全国に住む、ITエンジニア職人材の獲得経験がある20代から60代男女の中途採用・人事担当者を対象に200人にインターネットで調査した。

なお、「微経験者」とは、実務経験はないが、軽微なエンジニアスキルがある人、と同社は定義している。


(図表1) 業種別doda転職求人倍率の推移

まず、転職サイト「doda」の職種別転職求人倍率の推移をみてみると、2023年1月時点で全職種の転職求人倍率が約2.3倍であるのに対して、ITエンジニア職である「エンジニア(IT・通信)」は約11.2倍と大きく超えていて、需給バランスに偏りが起こっていることが確認できる。(図表1)


(図表3)ITエンジニア職で働くことへの興味関心度(図表4)ITエンジニア職の採用重要度

次に、応募者側の「ITエンジニア職で働くことへの興味関心度」(図3)をみると、「とても興味・関心がある」と「やや興味・関心がある」の二つの項目の合計が「94.5%」に達するという高い数値だ。

一方で、企業側の意向をみると、「ITエンジニア職の採用重要度」では、重要度が「とても高い」「やや高い」の合計が「96.5%」となり、図表1で示したITエンジニア職の転職求人倍率の上昇を裏付けるものとなった。

個人側の転職の理由の声では、

「(IT企業の)働き方が魅力的に感じた」
「コロナの流行によって在籍している業界の景気が冷え込んでしまったから」
「グローバルに職場を探せるので、国内から出る機会をつかみたいと思った」
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル