top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

【オンラインゲーム千夜一夜】 第十回 メタバース? それならこれを語るしかないでしょう?

おたくま経済新聞

 連載企画「オンラインゲーム千夜一夜」へようこそ。ついに連載10回目です!

 数回連載記事を書いてそこで終わっちゃうケースとか、筆者は趣味でライトノベルを執筆しているのでありがちですが、飽きてエタる(永遠に完結しない)ものもよく見ております。節目となる10回目の記事を執筆できたことに編集部、読者様双方に感謝しております。

 いつも読んでいただいて本当にありがとうございます!できれば……編集部に「このアホの記事を読ませろ」と応援コメントを言って貰えるとさらに首がつながります(切実)。

【元の記事はこちら】

■ 最近のトレンドから10回目のテーマを選ぶ……やっぱ「メタバース」かなぁ

 さて……記念する10回目の内容はどうしようかなあ……と思ったのですが、最近のゲーム業界事情というか必ず取り沙汰されているキーワードから内容をチョイスしようと思いまして、いくつかのキーワードを抽出してきました。

広告の後にも続きます

 「ブロックチェーン」「NFT」「VR」「メタバース」などなど……エンターテインメント業界では今この辺りのワードが持て囃されておりまして、内々に案件としてお話をいただくこともあり、割とアツいワードだったりもします。さてこの中から筆者が思い入れというか、経験した内容から出せるもの……これはメタバース一択となります。

 メタバースといえば、近ごろ諸外国含めて「メタバースや!メタバースがこれからくるんや!」とばかりに猫も杓子もメタバース。ついでに社名までmetaにしちゃった会社まであるわけですよ。

 ただ「メタバースってなんだよ?」と思われている方もいるかと思いますが、個人的には割と古典的なオンラインゲームの空間は広義の意味ではメタバースだと考えており、「ぶっちゃけMMOってメタバースですよ?」と真顔もしくは白目で返しちゃう自分がいるわけです。

 その辺りにツッコむと「お前はメタバースをわかってない」というメタバース警察に取り締まられてしまうわけですが……。大勢の人間を一つのオンライン上の空間に押し込んだもの、それってオンラインゲームがメタバースである証左でしかないんですけどねえ。

 なぜかこの論理で話したらある方から「違う」って言われたんで、どうやら最近のメタバースは違うものらしいです。よって、どなたか解説いただけると助かります(責任放棄)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル