top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

篠原涼子の子育て「子供が生きているだけでありがたい」

女性自身

「自分が出ている作品はあまり客観視できるほうではないんです。でもこの作品は、恥ずかしいけどものすごく号泣しちゃって……」

 

こう語るのは2人の息子の母である篠原涼子(45)。映画『人魚の眠る家』(11月16日公開)では、突然の事故で意識不明となった娘を全力で守ろうとする母親を見事に演じきった。

 

「この作品をやらせていただいて、子どもが生きているだけでありがたいと感じました。子ども自身が幸せであればそれがすべてだなって。演じた薫子とは、子どもに対する向き合い方も似ているし、やりがいがありました」(篠原・以下同)

広告の後にも続きます

 

役に共感する部分が多かったというが、自身が子育てをするうえで意識していることは?

 

「手をかけすぎるのはよくないから、自分のことは自分でするとか、息子に選択肢を与えることを大切にしています。だからといって手をかけなさすぎるのではなくて、抱きしめたり、褒めたり、どの家庭もやっているとは思いますけど、うちはどの家にも負けないくらいのパワーで、情熱を持って接しています」

 

当たり前のことを当たり前にできるように訓練もしているんだとか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル