top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

WBC侍ジャパン危機!? 大谷翔平vsダルビッシュの覇権争いの裏に代理戦争が…

週刊実話WEB

(画像)Conor P. Fitzgerald/Shutterstock

「過去最強」ともいわれるメンバーが揃った侍ジャパン。しかし、チームの中心を担う2人が、開幕前からバチバチだ。片や後輩をイジり倒し、片やハリウッドセレブ顔負けの日本帰還…。背後に「代理戦争」のにおいがプンプンで、チームは早くも崩壊寸前?

【関連】WBC“宿敵”韓国は日本との戦力差に「あきらめムード」強化試合では“弱点”が露呈 ほか

※※※※※※※※※※

WBCに出場するエンゼルスの大谷翔平が、キャンプ地のアメリカ・アリゾナ州から片道4000万円をはたいてプライベートジェット機で帰国。日本中のファンが沸き立つ中、発覚したのが、ダルビッシュ有との「覇権争い」だ。背景には、今オフの移籍が確実となったあの球団の影が――。

「いったい、誰があの費用を負担するんでしょうね」

広告の後にも続きます

スポーツ紙が報じない誰もが抱く疑問に対し、元巨人の槙原寛己氏がTBS系の情報番組『ひるおび』で疑問を投げかけた。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する大谷翔平が3月1日に帰国した際に利用したプライベートジェットは、海外セレブ御用達の高級プライベートジェット航空会社が運行する「ボンバルディア・グローバル7500型」。乗客最大19人で4つのリビングルームがあり1時間当たりの基本使用料は約340万円。今回のアリゾナから羽田空港までの飛行時間は約10時間。経費込みで片道、約4000万円を費やしたという。

大谷の今季年俸は3000万ドル(約40億8000万円)。他にCMなどのスポンサー料が2000万ドル(約27億円)。プライベートジェットなど痛くもかゆくもないだろうが、スター気取りとは無縁の大谷の日常を思えば、自腹で調達したとは思えないのだ。

大谷のチャーター費はどこから!?

参加が遅れたことと、同級生で仲がいいカブスの鈴木誠也が急遽、左脇腹の痛みで出場を辞退したことで、1分でも早く駆けつけたかったのかもしれないが、大谷は「もらいもの生活」が嫌いでないタイプ。普段着はヒューゴ・ボス、自動車はポルシェ、トレーニングウエアはアシックス…。いずれもスポンサーから供与されたものばかり。

「今回も先々を見据えたどこかのスポンサー筋が用意したのでしょう。ダルビッシュ有は、その点を警戒しています。背後に、〝ある球団の影が透ける〟と」(侍ジャパン担当記者)

さらに、MLB球団スタッフの見立ては、こうだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル