top_line

THE BLUE HEARTSの「キスしてほしい」を爆弾ジョニーがカバー 大泉洋が『こんな夜更けにバナナかよ』ライブシーンでノリノリに

SPICE

12月28日(金)より公開される映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』に爆弾ジョニー出演し、劇中でTHE BLUE HEARTSの「キスしてほしい」を披露していることがわかった。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、渡辺一史氏のノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(文春文庫刊)を原作とした映画。難病・筋ジストロフィーに羅患した鹿野靖明氏と、彼を支えるボランティアたちの不思議な関係を描いた物語だ。映画では、鹿野靖明氏を同じ北海道出身の大泉洋が演じ、ボランティアスタッフの田中役で三浦春馬、美咲役で高畑充希、高村役で萩原聖人が出演している。

 

THE BLUE HEARTSの「キスしてほしい」を劇中歌としてカバーした爆弾ジョニーは、鹿野氏や大泉と同じ北海道出身のバンド。劇中では、美咲との野外ジンギスカンデートシーンで登場し、同曲を披露しているという。同曲を好きな曲として挙げる美咲はステージに駆け寄り、鹿野も参加。「ロックは好きじゃない」と口にしていた鹿野だったが、楽曲にあわせてノリノリでライブを楽しむ印象的なシーンが繰り広げられるとのこと。

「キスしてほしい」は、1987年にTHE BLUE HEARTSが発表。その後も数々のCMに起用されるなど、30年以上にわたって親しまれてきた楽曲だ。今回のカバー、劇中歌起用についての爆弾ジョニーと『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』プロデューサー・石塚慶生氏のコメントは以下のとおり。

 

爆弾ジョニー


爆弾ジョニー



我らが地元、北海道での物語を題材にし北海道が生んだスター、大泉洋さんが主演されている今作に大好きなTHE BLUE HEARTSの楽曲を演奏するという形で携われた事を嬉しく思ってます。是非、劇場にて北海道の空気を感じて下さい。

 

石塚慶生(松竹/プロデューサー)

鹿野さんとヒロインの美咲を運命的に結びつけることになる「キスしてほしい」。

この名曲をカバーで使わせていただけることになり、最初に頭に浮かんだのは『日々ロック』でも仕事をした愛しきバンド→爆弾ジョニーでした。夢のカバーが実現して、ただただ嬉しいです。生きる力が湧いてくるライブシーンは映画の中で最もエキサイティングなシーンになりました。

サンキューロックンロール!!

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は12月28日(金)より全国ロードショー。

TOPICS

ランキング

ジャンル