top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

田中碧フル出場のデュッセルドルフ、後半AT被弾の末にPK戦敗退《DFBポカール》

超ワールドサッカー

田中碧フル出場のデュッセルドルフ、後半AT被弾の末にPK戦敗退《DFBポカール》

デュッセルドルフは8日、DFBポカール3回戦でニュルンベルクとアウェイで対戦し、1-1で120分を終了。PK戦の末、4-5で敗れた。デュッセルドルフのMF田中碧はフル出場、MFアペルカンプ真大は85分までプレー、DF内野貴志はベンチ入りも出場しなかった。

2部で6位に付けるデュッセルドルフと、16位に沈むニュルンベルクの対戦。[3-5-2]で臨んだデュッセルドルフは田中とアペルカンプがインサイドMFで先発となった。

守勢の入りとなったデュッセルドルフは26分、テンペルマンにバー直撃のシュートを打たれると、さらに30分にもドゥアにGK強襲のシュートを打たれヒヤリとさせられる。

しかし33分、最初のチャンスでデュッセルドルフが先制する。左サイドからのイヨハのクロスをコフナツキがヘッドで合わせた。

先制点で流れを変えたデュッセルドルフがハーフタイムにかけては主導権を取り戻した中、1点をリードして前半を終えた。

迎えた後半も守勢の入りとなったデュッセルドルフだったが、55分に田中がロングカウンターの流れから決定機。しかし、ゴール前で合わせたシュートはわずかに枠の上に外れてしまう。

さらに60分、田中が右サイドから正確なクロス。ファーサイドのコフナツキが合わせたが、シュートはミートしなかった。

終盤にかけても守勢となったデュッセルドルフが逃げ切りを図れるかと思われたが、後半終了間際の追加タイム3分に失点する。ボックス右からドゥマンにコントロールシュートを決められた。

1-1で迎えた延長前半開始2分、デュッセルドルフはヘンドリクスのループシュートでゴールに迫るも、懸命に戻ったDFにゴールライン前でクリアされる。さらに同15分、ヘンドリクスのFKがバーに直撃し、勝ち越し弾は奪えない。

延長後半は互いに譲らず1-1のままPK戦へ。そのPK戦では5人全員が成功したニュルンベルクに対し、デュッセルドルフは4人目のキッカーが外して敗戦。無念の敗退に終わった。

新Ver.日本代表選手たちが「サカつくRTW」に登場!
最大70連無料スカウトも開催中!
>詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル