top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

“キングセイコー”生誕の地にちなんだ限定モデル発表

ナリナリドットコム

セイコーウオッチは、“キングセイコー”生誕の地・亀戸にちなんだ、セイコー腕時計110周年記念限定モデルを発表した。2月24日発売で、世界限定1,200本、価格は23万6,500円(税込み)。あわせて、新開発ムーブメントを搭載する、一回り大きい39mmサイズのレギュラーモデル新作3種も、3月10日に発売する。価格は23万1,000円(税込み)。

キングセイコーが誕生した亀戸は、かつてこの地が島だったころ、島の形が亀の甲羅に似ていたことから“亀島”と呼ばれていたと言われている。地名の“亀”は、長寿を象徴する吉祥の動物として古くから親しまれると共に、甲羅の形が由来の「亀甲文」は、縁起の良い柄として継承されてきた日本の伝統的な吉祥文様のひとつだ。

このたび発表された限定モデルは、そんな亀戸の地にインスパイアを受け、亀甲文をモチーフに新しい型打ち模様をダイヤルに表現。ダークブラウンのグラデーションと、甲羅を模した六角形のパターンが調和し、奥深い色味を実現している。

天面にはライターカットが施されたユニークな形状の12時位置のインデックス、多面カットを施した立体的なインデックスと、堂々とした太く長い針を持ち、高い視認性を確保。1960年代の「キングセイコー」をオマージュしたフラットな多列ブレスレットは、しなやかで腕なじみがよく、高い装着性を実現している。

また、LWG(レザーワーキンググループの認証を取得しているタンナーで生産されたレザーを使用したストラップと、「KING SEIKO」と刻印された専用の三つ折れバックルが付属。ヴィンテージ感あふれるダークブラウンのダイヤルとマットブラックのカーフレザーを合わせることで、ブレスレットと全く異なる雰囲気を楽しむことができる。

レギュラーモデルの新作3種(ダークブルー、グリーン、ホワイト)は、端正な美しさを持つキングセイコー独自のフォルムを保ちつつ、一回りサイズアップさせるため、細部に至るまでデザインを見直した。

特徴的な12時位置のインデックスデザインはそのままに、他の立体インデックスにダイヤカットを一面追加し、光の反射面を増やすことでダイヤルはより輝き、視認性も向上させている。さらにベゼルの上面には円周の筋目仕上げを、側面に鏡面仕上げを施すことで、ケース上のコントラストをより際立たせ、古典の雰囲気を残しつつ、エッジの効いた現代的な姿に仕上げた。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル