top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

SEVENTEEN・JEONGHAN 香取慎吾は「優しくて懐が深い」コラボ楽曲『BETTING』レコーディングエピソード

TOKYO FM+

13人組ボーイズグループ・SEVENTEENのJEONGHAN(ジョンハン)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! SEVENTEEN LOCKS!」。2月7日(火)の放送では、1月に配信リリースされた「BETTING」香取慎吾×SEVENTEENについて、レコーディング時のエピソードなど裏話を紹介しました。



1月17日に配信リリースされた香取慎吾さんとのコラボ楽曲「BETTING」は、カンテレ・フジテレビ系で放送中のドラマ『罠の戦争』の主題歌です。SEVENTEENからは、JEONGHANのほかにMINGYU(ミンギュ)さん、SEUNGKWAN(スングァン)さんがボーカルで参加。楽曲制作にはWOOZI(ウジ)さんが参加しています。

――リスナーのメッセージを紹介

ドラマ『罠の戦争』の主題歌を、香取慎吾さんとコラボすると聞いて本当にビックリしました! JEONGHAN先生の歌声が大好きなので、どんな感じになるかとても楽しみです!

――JEONGHAN 「とても光栄で楽しかったです」

JEONGHAN:びっくりしたでしょう? 僕もびっくりしました……! 日本のアーティストの方々とコラボレーションするのは初めてだったんです。とても光栄で楽しかったです。

香取慎吾さんと同じ空間で録音したんですけど、待っている時間も一緒に話をしたし、メンバー別にいろんなプレゼントも準備してくださったんです。本当にとても優しくしてくださって、とてもありがたかったです。

そして『JEONGHAN先生の歌声が大好き』と書いてあったんですけど、すごくありがとうございます! 僕の声を好きでいてくれる生徒(リスナー)のみなさんがいらっしゃるから、僕が歌をうたっていられるんだと思います。

――レコーディングエピソード

JEONGHAN:「BETTING」の裏話は……香取慎吾さんは、本当に懐が深い方と表現をしたらいいと思うんですけれども、お話もたくさんしてくださって。

その(レコーディングの)部屋は、僕、WOOZI、MINGYU、SEUNGKWAN、それにディレクター……と、すべて僕が知っている方々で、香取慎吾さんにとっては初対面の方々だったんです。“もしかしたら気まずいかもしれない”と思って、僕は人見知りなところがあるんですけど、「ご飯は食べましたか?」「どちらに住んでいらっしゃいますか?」と、日本語で聞いてみたんです(笑)。僕が質問するたびに、優しく深い懐でお話を聞いてくださっていましたね。すごくよかったです。

それから、この曲の香取さんのかっこよかったところは……プロデューサーがBUMZU先生とWOOZI先生だったんですけど、香取慎吾先生と繰り返し意見を交換しながら作られた曲なんですね。そういうところを見ながら、“すごくかっこいいな”って思いました。

僕はこの曲を初めて聴いたときに、スパイが出てくるような感じを受けました。「こんな感じの曲なんだ! 一生懸命レコーディングしなきゃな」って思って頑張りました。たくさんの愛をお願いします……!



SEVENTEENのJEONGHANは、毎月1週目の月曜から木曜にレギュラー出演中です。2月は6日(月)から9日(木)に登場します。

—————————————————-
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年2月15日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

★2/13(月)~2/17(金)SCHOOL OF LOCK! SPECIAL WEEK★
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル