top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ユニクロの店内放送に「笑ってしまった」 SNSで話題のヒートテック物語、広報明かす企画背景

J-CASTニュース

バレンタインに「ヒートテック」を贈ったら告白に成功した――このような商品に関するエピソードを紹介する、ユニクロの店内放送が面白いとSNSで話題になっている。

取材に対し、ユニクロの広報担当者は2023年2月8日、一部の事業提携店舗を除く国内のユニクロ全店舗で、2月末まで放送予定だと明かす。

「つい聞いてしまう」話題のエピソードは

店内放送は、22年11月に実施された「ヒートテックエピソード募集企画」に寄せられたエピソードを紹介するものだ。ヒートテックを愛用する人々の声を募集し、受賞作品を俳優の鈴鹿央士さん、声優の木村昴さんと上坂すみれさんが紹介する。

1月27日から対象の店舗で放送されているエピソードの中で、SNSでとくに話題になっているのは下記の2つだ。

「高2の時すごく人気がある男の子がいて、バレンタインでたくさんの女の子がチョコをあげる中、私はヒートテックをあげたんです。結果告白成功です!ヒートテックのおかげだと思ってました」
「スキー遠足前夜。母に『明日遠足だからウインナー買ってきて』と頼んだ。すると買って来たのがまさかのインナー。もう笑うしかなかった。だが結果的に歴史的な寒波が来てインナーは大活躍。母の勘違いに脱帽した出来事だった」

ツイッターでは、「笑ってしまった」「ついつい店内放送きいちゃう」といった感想が相次いでいる。

広報「お客様に知ってほしいエピソードであふれている」

広告の後にも続きます

取材に対し広報は、企画の趣旨を次のように説明する。

「おかげさまでヒートテックは日本中のみなさまに愛され、商品に関するお客様の声が毎日たくさん寄せられております。オリジナリティあふれる使い方や着こなし方、こんなところが好き、というような多くのお客様に知ってほしいエピソードであふれているため、11月10日『ヒートテックの日』を記念して、エピソードをお寄せいただくお客様への感謝企画として本企画を実施しました」

応募件数は非公開としながらも予想以上のエピソードが寄せられたそうで、その中からグランプリ1作品と準グランプリ9作品、入賞100作品の全110作品を決定した。

「実際に、私たちには予想もできなかったようなエピソードを数多くお寄せいただきました。これまでヒートテックが皆様の冬の生活に寄り添ってきたことを感じていただけているようで、大変嬉しく思っております。ヒートテックに限らず皆様が色々なエピソードをお話しされるきっかけになればと思います」

ツイッターでは、受賞作品を朗読する声も好評だ。収録はJ-WAVEの特別番組で公開収録され、その様子はJ-WAVE公式YouTubeチャンネルで見ることができる。ユニクロは、俳優の鈴鹿さん、声優の上坂さんと木村さんを起用した理由について、「声に感情をのせて素敵な表現をされている」と説明した。

 
   

ランキング

ジャンル