top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

なぜ日本から「YouTube」級の動画共有サイトが生まれないのか?…「茂木健一郎」による論理的な回答

幻冬舎ゴールドオンライン

世界中で利用されているYouTube。アメリカの企業から誕生した動画共有サイトですが、ではあなたは「なぜ日本からYouTubu級の動画共有サイトは生まれないのか?」という問いに論理的に答えられますか? 脳科学者の茂木健一郎氏が納得の答えを出しています。みていきましょう。※本連載は、茂木健一郎氏の著書『「本当の頭のよさ」を磨く脳の使い方 いま必要な、4つの力を手に入れる思考実験「モギシケン」』(日本実業出版)から一部を抜粋し、幻冬舎ゴールドオンライン編集部が本文を一部改変しております。

「妄想する力=イメージする力」の重要性

妄想する力※が実社会で何に役立つかというと、いちばんはアイデア(発想)やイノベーションに関わることです。

※妄想する力:茂木健一郎氏は著書『「本当の頭のよさ」を磨く脳の使い方 いま必要な、4つの力を手に入れる思考実験「モギシケン」』で下記のとおり説明しています。

よく自己啓発書で「具体的にイメージすればするほど夢は実現しやすくなる」とか「細部までイメージすることで成功に近づく」なんて書いてあると思います。眉まゆ唾つばだなと思っている方もいるかもしれませんが、実は真実なんです。

イメージに関わる脳の部位は、「頭頂葉(とうちょうよう)」というところです。イメージとは、脳機能的には座標軸変換を含む頭頂葉の高次機能によるものです。イメージは、別に将来の夢とかまだ見ていない未来のビジョンなど大それたものばかりではなく、もっと日常的に使われています。

[図表]頭頂葉イメージ

たとえば僕たちは食事中、間違えて箸を鼻の穴に突っ込んだりしませんよね? これって実は不思議なことで、目の前に鏡があるわけでもなければ、僕たちは自分の手がどこへ動いているかはっきり見ることはできないわけです。でも、きちんと箸を口の中に入れられるんです。考えてみれば、驚くべき運動能力だと思いませんか?

広告の後にも続きます

このとき、頭頂葉では自分の身体と周囲の空間を正確に再現したマップをつくっています。そして自分の手の座標をつねに変換しながら、周辺の空間を正確に認識しています。つまり、イメージの力で僕たちはきちんと食事ができているんですね。

イメージする力が強い。ここにないものをあたかもあるかのようにイメージできるというのは、頭頂葉の働きがしっかりしているということでもあり、また現実にはないマップを精密につくり上げられているということでもあります。ないものを微細に脳内に構築できている。だからこそ成功度が高まるし、実現しやすくなる。つまり、イメージする力が高ければ成功するというのは、マップを描く頭頂葉が発達しているということです。

イノベーティブな感性に直結する「妄想する力」

日本の企業に足りないのはイノベーティブな感性だ、とよく言われます。このイノベーティブな感性、イノベーションを起こせる力もまた、イメージ力の延長線上にあるものです。

次の問題はある程度ロジカルに考えることができ、またいろいろな人が議論したり、一定の結論を出していたりします。ですから正解を知っている方も多いかもしれませんが、改めて考えてみてください。

【モギシケン】イノベーションする力

Q.大人から子どもまで大人気のYouTube。YouTubeはアメリカで誕生しました。では、なぜ日本の企業でYouTubeは生まれなかった?

  • 1
  • 2