top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

風間杜夫、濱田めぐみらが言葉や文化を超えたあたたかな交流を描く ミュージカル『バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊』公開稽古レポート

SPICE

(左から)こがけん、濱田めぐみ、風間杜夫、新納慎也



2018年のトニー賞において、作品賞を含む10部門を制するという快挙を成し遂げた『The Band’s Visit』。2007年公開の映画『迷子の警察音楽隊』を原作に、魅力的な楽曲や演出・芝居、普遍的なメッセージで多くの人の心を掴んだ。

ミュージカル『バンズ・ヴィジット 迷子の警察音楽隊』の日本初公演となる今回は、言葉のニュアンスや歴史的背景を踏まえ、あえてのオリジナル演出で上演される。演出を手がけるのは森 新太郎。キャストには風間杜夫、濱田めぐみ、新納慎也、矢崎 広、渡辺大輔、永田崇人、エリアンナ、青柳塁斗、中平良夫、こがけん、岸 祐二、辰巳智秋といった、確かな実力と個性を兼ね備えたメンバーが集結。さらに、舞台上で生演奏を行う警察音楽隊も、太田惠資、梅津和時、星 衛、常味裕司、立岩潤三と、日本の音楽シーンを牽引するミュージシャンが揃っている。

開幕に先駆けて行われた会見には、風間杜夫、濱田めぐみ、新納慎也、こがけんの4名が登壇した。

ーー初日を迎えるにあたって、意気込みを教えてください。

広告の後にも続きます

風間:去年の12月から稽古を始めて2ヶ月。早くお客様の前で演じたいと大変わくわくしています。緊張感もありますが、幕が開くのが楽しみです。

濱田:みんなで一丸となってお稽古をしてきました。素敵な作品になっていますので、ぜひ劇場で楽しんでいただけたらと思います。

新納:世界中で戦争が起きたりコロナ禍だったりする中、平和を願う気持ちを持つこの作品は今まさに上演すべきものだと思います。今までとはちょっと違うミュージカルになっています。この作品をみなさんがどう受け止めてくれるか楽しみです。

こがけん:芸人をやっていて、こんなに同じものを練習することってないので、さすがに飽きるんじゃないかと思っていました。でもすごく楽しくて、衣裳付き通しをした時に感極まってちょっと泣いてしまって。それくらい面白い作品です。あとは、『迷子の警察音楽隊』ですが、演技は迷子にならないように気をつけたいです!

ーー日本版の見どころはどこでしょうか。

風間:エジプトとイスラエルという2つの国の話で、お互い言語が違います。ブロードウェイでは共通言語として英語を使っていまして、今回はたどたどしい英語が日本語になっています。そこから起きる笑いがあったり、必死にコミュニケーションを取ろうという思いが大きくなってきたり。日本版の演出でも苦労された点だと思います。また、文化の違う国の人々と、文化を超えてたった一晩触れ合う、その情や心の繋がりは我々日本人でもよく理解できます。僕らならではの感覚で演じてみたいと、僕自身は思っています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル