top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

【京都記念】エフフォーリアが始動 昨年苦杯をなめた阪神から復権へ

netkeiba.com

【京都記念】エフフォーリアが始動 昨年苦杯をなめた阪神から復権へ

 2月12日、阪神競馬場で行われる京都記念(4歳上・GII・芝2200m)。2021年のJRA年度代表馬であるエフフォーリア(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、同レースから始動する。

 エフフォーリアは父エピファネイア、母ケイティーズハート、母の父ハーツクライという血統。

 2020年8月、札幌競馬場の2歳新馬戦で1番人気の期待に応えてデビュー勝ち。21年の始動戦となった共同通信杯では、2着に2馬身半差をつけて重賞初制覇を果たした。初のGIとなった皐月賞は、4コーナーで抜け出すと後続に3馬身差をつける快勝。無傷の4連勝でGIのタイトルを手にした。

 快進撃は続く。5月の日本ダービーは制したシャフリヤールにハナ差で2着だったものの、2021年秋のGI戦線は天皇賞(秋)と有馬記念を連勝。天皇賞(秋)では無敗の三冠馬であるコントレイルの追撃をかわし、有馬記念はディープボンドやクロノジェネシスといった強豪古馬を破った。

 一昨年は強さの目立つ走りだったが、22年春は大阪杯、宝塚記念に出走するもその勢いは影を潜めた。しかし暮れの有馬記念は、先団を見ながら進み4コーナーで進出すると、最後は粘りの走りで掲示板を確保し見せ場をつくった。ここまでの通算成績は10戦6勝。

 良化の兆しを見せた前走から1カ月半、かつての王者は復権を印象づける走りとなるのか。昨年苦杯をなめた阪神から再び栄光へ歩み始める。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル