top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

クリープハイプ、下北沢DaisyBarで示したより高みを目指す意志 “唯一の居場所”だったライブハウスに贈る感謝の言葉

Real Sound

クリープハイプ ライブハウスツアー2023『感情なんかぶっ飛ばして』

 尾崎世界観(Vo/Gt)曰く、デビュー前のクリープハイプにとって“唯一の居場所”だったという、ライブハウス 下北沢DaisyBar。ワンマンツアー初日にその舞台に立った尾崎は、MCで「僕たちはライブハウスに居場所がないバンドだと思っていたんですけど、久しぶりにここに戻ってきたら、やっぱりいいな……」と口にした。その言葉に反応したオーディエンスから「おかえり!!」と歓声が飛ぶ中、一旦言葉を切った彼がその後すぐに続けたのは、いささか天邪鬼な感謝の言葉だった。

(関連:【写真】クリープハイプ

 クリープハイプのライブハウスツアー2023『感情なんかぶっ飛ばして』が、2月1日下北沢DaisyBarからスタートした。この日の舞台となったライブハウスはファンの間では馴染みが深く、そしてバンドにとっても大きな意味を持つ場所だ。

 今年1月にはファンクラブ限定ライブ『ひめはじめ6』が開催されたものの、ワンマンツアーの初日の場所に選ばれることは、現在のクリープハイプの規模感において異例のことだ。1月27日より「声出し」を伴うイベントの収容人数制限の撤廃が政府よりアナウンスされたため、同公演においてもフルキャパシティのなか、マスク着用の上での声出しも可能に。今ではまずありえないと言っていい距離感でクリープハイプのパフォーマンスを観られるとあって、当然フロアはすし詰め状態。立っているだけでも息が詰まりそうになるような光景を久々に目撃した。開演時刻になり、観客と同じ入場口からオーディエンスの間を縫うようにしてメンバーがステージへ向かうと、フロアは大きな拍手で溢れる。ステージの上に立つとメンバーは満員のオーディエンスの中に埋もれ、場所によっては顔を見るのがやっと、という状況に。しかし、1音目が鳴らされた瞬間、それでも充分だと思い知らされた。

 叩きつけるようにかき鳴らされる小川幸慈(Gt)のギター、抉るような長谷川カオナシ(Ba)のベース、荒々しく鳴らされる小泉拓(Dr)のドラム。そして刃物のように鋭く突き刺さる尾崎のボーカルには息が止まりそうになる。序盤から、ライブハウスの距離感で聴かせるために考え尽くされたであろうセットリストに殴られるような感覚を覚えた。満員のフロアで身動きが上手く取れなかろうが、思うようにステージが見えなかろうが、バンドがそこにいて音を鳴らし、歌を聴かせてくれることに何よりの喜びを感じる。ライブが進むに連れてフロアの熱量と一体感は高まっていき、時折、尾崎の表情がやわらかくほぐれて笑顔を見せたのも印象的だった。

広告の後にも続きます

 ネタバレ厳守のため詳細は語れないが、新旧織り交ぜたセットリストは緩急が激しく、一瞬たりとも気が抜けない。新曲はフロアをハッピーな空気にする求心力に溢れていたし、「ナイトオンザプラネット」では尾崎がハンドマイクを手にし、シンセサイザーの同期が効いたメロディに身体が心地好く揺れる。

 中でも印象に残ったのがキラーチューン「社会の窓と同じ構成」。これまで通りであれば大きな歓声が上がるパートに差し掛かると、久しぶりの声出し解禁のせいか、オーディエンスからは遠慮がちな声が上がる。これには堪らずメンバーも笑みを浮かべ、声を“出す”でも“出さない”でもない中途半端な様子に尾崎は「こういう空気がね、“クリープハイプのファン”という感じがして、愛おしいです」と口にし、続けて「でかいフェスまでに練習しといて下さい!」と照れ隠しのようにファンたちを煽った。

 今夜のライブについて「久しぶりにここに戻ってきたら、やっぱりいいな……」と話し始めた尾崎。その言葉に「おかえり!」と歓声を送るオーディエンスに対し、「とは思わなかった、って言いたかったんですよ」と笑いながら切り返す。「やっぱりデカい場所の方がいいですね、トイレとかも楽屋の中にあるようなところがいい」「それにデカいところなら、小さいところに入れなかったお客さんにも届けられるし」と早口で続けると観客から笑いが起こる。そして「小さいところに戻りたくない、ここは居場所じゃないって、そう思わせてくれたことに感謝します」と語り、バンドとしてより高みへ向かう意志を改めて示した。インディーズ時代の自身たちの唯一の居場所となっていたライブハウスへの感謝を、愛があるからこそ言えたであろう、彼らしいひねくれた言葉で紡いだ。

 下北沢DaisyBarのキャパシティは140人ほど。当然だが、今のクリープハイプにとっては手狭と言っていい。ここからスタートしていくライブハウスツアーの後には、2都市4公演でのアリーナツアーも控えている。さらにライブでは3月に新たなEP『だからそれは真実』をリリースすることも発表された。結成当初のメンバーが抜け、尾崎のソロプロジェクトとなった時期を経て、現在の4人のクリープハイプとなるまでの歩みをずっと見届けてきたこの場所から、彼らの新しい旅が始まっていくのだ。演奏が終わり、開演と同じように拍手で送られながらフロアを通って去っていく4人が、少し居心地が悪そうにしていたのがたまらなく愛おしい。

 尾崎自身は“小さくて綺麗じゃないライブハウス”にはあいにくもう戻りたくないようだが、彼らにとってゆかりの深い場所であるということを抜きにしても、やはりライブハウスには彼らのようなロックバンドがよく似合う。たとえ彼ら自身がどう思っていようが、似合ってしまうのだ。

 「原点に立ち返る」という言葉が合っているかはわからないが、バンドをさらに大きいものにしたいという初心の気持ちを胸に、クリープハイプはライブハウスツアーを経て過去最大規模のアリーナツアーへと向かう。ただ願いを少し言ってもいいのであれば、いつでもいいから、また気が向いたなら、“小さなライブハウス”にも時々戻ってきてほしいと思うライブだった。(五十嵐文章)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル