top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

小宮璃央“犬田”、川津明日香“水瀬”とキスを交わし…

TVerプラス


小宮璃央が主演を務めるドラマ+『アカイリンゴ』(ABCテレビ、毎週日曜24:25~/テレビ神奈川、毎週金曜26:00~)の第3話が、2月5日、2月10日に放送される。

原作はムラタコウジ。「コミックDAYS」(講談社)にて2020年より連載スタートし、“過激すぎてBANされた”こともある問題作。過激な性描写もさることながら、真っ向から性行為へと切り込んだテーマ性が大きな話題となっている。物語では、性行為が法律で禁じられた近未来の日本を舞台に、欲望に揺れる心情と理性で抑えきれない衝動を、繊細に鮮烈に描いていく。なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話が延長配信中。

前回第2話では、壇田律(森咲智美)が教師になった理由が明かされた。壇田は、自分がウブな男の子が相手でないと興奮しないことに気づき美術教師に。そして、違法だと知りながらも生徒と関係を持つようになり、次のターゲットとしていたのが犬田光(小宮)で……。SNS上では、森咲の教師役について「ヤバすぎ」「ハマり役」「マジで面白い」​​とのコメントがあがっていた。

<第3話あらすじ>
「G-アンツ」で犬田光(小宮)が性行為の相手に指名された女性は、セトリのおとり捜査官・牛本カンナ(大久保桜子)だった。「強制性交の現行犯」となった犬田は絶望感に打ちひしがれるが、カンナはある思惑を持って犬田を逮捕せずに潜入捜査を続けるのだった。しかし、カンナを怪しむ青原大地(飯田基祐)は犬田の目の前で別の男たちとの性行為を強要する。

そんな修羅場へとやってきたのは、犬田を心配して後をつけていた水瀬優(川津明日香)だった。「G-アンツ」からどさくさに紛れて犬田を連れ出し、その場にいた志場番太​​(鈴木康介)の手助けもあって、追手を振り払う。やがて自宅まで逃げ延びた水瀬は、犬田を自分の部屋にかくまうことに。

犬田に対して表向きは言葉悪く接していた水瀬だが、実は内心では強く惹かれていた。ここ最近の犬田の変化を感じ取っていた水瀬は、「犬田となら、いいよ」とキスを交わし……。

一方で、夜の美術室――。壇田律(森咲)を全裸で縛りつけて淫らに犯していた宇宙美空(ウチュラ/新條由芽)。犬田を“性の標的”として狙っていた壇田に、「彼に手を出したら、許さない」と告げるのだった。
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル