top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

岡村ペア 熱戦制し決勝進出

テニス365


岡村恭香
画像提供:tennis365.net

女子テニスのコパ・オスター(コロンビア/カリ、レッドクレー、WTA125)は3日、ダブルス準決勝が行われ、岡村恭香/ ヨウ・シャオディ(中国)組がQ・グリーソン(アメリカ)/E・ルシュミア(フランス)組を6-4, 6-7 (3-7), [10-5]のフルセットで破り、決勝進出を果たした。

1回戦でH・バプティスト(アメリカ)/ W・オシグウェ(アメリカ)組、準々決勝でE・アランゴ(コロンビア)/R・サラスア(メキシコ)組を6-7 (2-7), 7-5, [10-4]の逆転で破り、ベスト4進出を果たした岡村/ヨウ組。

この日の第1セット、岡村/ヨウ組は序盤で3ゲーム連取を許したものの、第6ゲームでブレークバックに成功。その後の第9ゲームから2ゲーム連取し、40分で先行する。

続く第2セット、両ペアは2度ずつブレークを奪い合うとタイブレークに突入。タイブレークでは、岡村/ヨウ組は2度目のミニブレークを許し、1時間3分で1セットオールに追いつかれる。

迎えた10ポイント制のマッチタイブレークでは、岡村/ヨウ組が5度のミニブレークに成功し1時間56分で勝利した。

勝利した同ペアは決勝で第2シードのW・ファルコフスカ(ポーランド)/K・カワ(ポーランド)組と対戦する。ファルコフスカ/カワ組は準決勝でA・アンシュバ(アメリカ)/ E・カリェバ(アメリカ)組を6-2, 7-6 (8-6)のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]西岡 良仁、ダニエル 太郎、綿貫 陽介ら出場!「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

3/5(日)午後9:00 WOWOWで放送決定!
「国枝 慎吾 引退スペシャル ~俺は最強だ!~」

■配信スケジュールはこちら>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル