top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

結婚式に行ったら自分の顔がお出迎え!?ゲスト100名超の似顔絵で作られたウエルカムボード

おたくま経済新聞

 結婚式に行くと、会場前に飾られるウエルカムボードが新郎新婦の代わりにゲストをお出迎えしてくれます。生花のボード、ガラス製のボード、2人の似顔絵が描かれたボード……。

 様々な種類がありますが、ツイッターにて、ゲストなら絶対に立ち止まってしまうであろう素敵なウエルカムボードを発見しました。

【元の記事はこちら】

 投稿されたのは、ゲスト1人1人の似顔絵が書かれたウエルカムボード。自分が招待された結婚式にこのボードがあったなら、ワクワクしながら自分の似顔絵を探してしまいそう。投稿者でこのイラストを手掛けたナガキパーマさんに話を聞きました。

 イラストレーターであるナガキパーマさんは、以前から似顔絵をデザインしたウエルカムボードの受注はしていたそうですが、「ゲスト全員の似顔絵を描いて欲しい」と言われたのは今回が初めて。元々交流があったという新婦から依頼を受け、事前に預かった写真をもとに約1か月半かけて制作したそうです。

広告の後にも続きます

 新郎新婦とゲスト全員の顔が並ぶウエルカムボード。その似顔絵の数はなんと100名超!それぞれの髪型や輪郭だけでなく、1人1人特徴があるのが分かります。

 ナガキパーマさんに聞くと「似顔絵といっても基本形が同じナガキパーマ顔なので、一見すると髪型だけが違って同じ顔が並んでいるように見える」としながらも「よく見ると実は目の大きさや輪郭、唇などで割としっかりお顔の個性を出しています」と教えてくれました。「ゲストのみなさんが『これ自分だ!』と見つけて笑ってくれるといいな」と願いながら制作したそうです。

 また、似顔絵をじっくり見てみると「人間」に紛れて「ゴリラ」が1頭。真相を聞いたところ、ゴリラの正体は新郎の友人。「普段からゴリラとして愛されているのでゴリラそのままに描いてください」とコメント付きで写真が送られてきたとのこと。ナガキパーマさんはこれを受け、「こういうのは可愛くデフォルメせず忠実に描いた方がいいな」と真剣に描いたそうです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル