top_line

【クイズ】「音」の記録に初めて成功した発明家は〇〇〇〇

SMBCグループが個人向け総合金融サービス「Olive」発表 銀行・決済・証券などの機能が1つのアプリで利用可能に

おたくま経済新聞

 三井住友銀行の店舗については、「今後も重要な存在」と前置きしつつも、その役割は変わってくると語ります。Oliveによる最新のモバイルサービスに合わせて、従来の発想を超えた店舗にしていくそう。

 三井住友カードの利用で貯まるVポイントについても言及。「Olive」にはVポイントの他、今後はTポイントさらには新ポイントが各サービスを繋ぐ役割として登場。しかし、今回の発表会ではそれ以上の詳細は語られず……。続報が待たれます。

 「Olive」の開発では「最高のデジタルサービスの提供」にこだわり、各分野のリーディングカンパニーと提携。ビザ・ワールドワイド・ジャパンと実現させたフレキシブルペイを皮切りに、今後も外部の企業とパートナーシップを結んでいき、連携を広げていきたいと考えを示しました。

 最後に、「Olive」は5年間で1200万のアカウント開設を想定しているとし、幅広い世代の人たちに利用してもらい、「金融・決済サービスの常識を変えていきたい」と力強く意気込んでいました。

広告の後にも続きます

 続いて三井住友カード株式会社代表取締役社長の大西幸彦さんが登壇し、「Olive」のサービス内容を大きく分けて3つ説明。

 1つ目が「様々な金融サービスが利用できるスーパーアプリ」。「口座」「カード」「証券」「保険」などの金融サービスを1つのIDやメールアドレスでログインできるので、会社ごとにパスワードなどを覚える必要は一切無くなります。例えば口座の残高確認や振込、カードの明細確認やSBI証券の投資信託の購入ができるそう。

 2つ目が「これまでにない斬新な金融サービス」。前述したフレキシブルペイは今後は法人カードや他の事業者との提携カードも「Olive」の中に格納していくのだとか。大西さんは「これ1枚あれば財布はいらない」と言える新しいライフスタイルを提供していくと語ります。

 「Olive」はスタンダード・ゴールド・プラチナプリファードの3種類あり、カードデザインはスタンダードが3種、ゴールドが2種、プラチナプリファードが2種。

 利用特典としてはコンビニや飲食店での5%還元の他、ゴールドカードの場合は年間100万円の利用で年会費が永年無料になったり1万ポイントがプラスされたりします。プラチナプリファードの場合はSBI証券を利用すると最大5%還元されるなど、様々な特典が用意されているそうです。ちなみに年会費はスタンダードが永年無料はもちろんのこと、「Olive」のリリースを記念してゴールドとプラチナプリファードが初年度無料となっています。

 銀行口座については、これまで取引店は利用者が選択していたが、「Olive」では取引店という概念が無くなります。メールアドレスとパスワードで銀行の各種サービスが利用可能に。そして今後、三井住友銀行の個人口座開設は「Olive」を使用するようになるとのこと。

 ただし、一方で対面での手続きを希望する人や資産運用や相続などの相談がしたい人がいるのも事実。その人たちは自分の都合の良い支店を利用できるようになるのだとか。「取引店が無くなるのではなく、支店はどこでも使えると考えていただければ」といいます。

 口座サービスでの特典については手数料の無料化(自動送金無料や本支店ATM無料など)の他、選択制の特典が付いています。コンビニATM無料や月末残高1万円以上で毎月100ポイントなどの中から自分にあった特典を選ぶことが可能です。

 保険については、生命保険や損害保険など様々な分野があるので、商品におうじて提携企業も異なります。生命保険ではライフネット生命と提携し、いろいろな生保商品を提供する他、住友生命とも提携して健康増進プログラム「Vitality」の提供。

 損害保険では三井住友海上と提携し、無料で4つのプランから選べる「付帯保険」やクレジットカードで保険料を支払うことでVポイントが貯まる「Vポイントが貯まる保険」を提供。

 その他、対面での相談を希望する人に対してはFPパートナーと連携し、「マネードクター」のファイナンシャルプランナーによる保険相談の予約機能も用意。大西さんも「まさにオールスター。フルラインナップでの保険サービス」と自信を持っている様子です。

 最後に「Vポイント」の特典について説明をした大西さん。一番の注目は「Vポイントアップ」。「Olive」の各サービスを対象のコンビニや飲食店で利用すると、最大15%が還元されます。貯まったポイントは世界中のVISA加盟店で使用することが可能。「まさに貯まると使うの両面でお得なサービス」と語っていました。

 次に登壇したのは、Visa Worldwide Pte. Ltd.アジア太平洋地域プロダクト&ソリューションズ統括シニアバイスプレジデントのシータン・キトニーさん。フレキシブルペイという「シンプルでフレキシブルなワンストップソリューションによって、日本の皆様により良い決済の体験をお届けできることを、我々もとてもワクワクしている」とコメント。

 フレキシブルペイによって、「銀行がクレジットやプリペイドなどのフレキシブルな選択肢を提供することで、キャッシュレス化と銀行のDX化はますます進んでいく」と解説します。そして「VISAは今後も決済手段の提供による豊かな生活の実現のために投資を続けていく」と日本の利用者に呼び掛けていました。

 その後、株式会社SBI証券代表取締役社長の高村正人さん(高村の高は、正しくははしごだかです)が最後に登壇。SMBCグループとの取り組みについて、プレゼンがおこなわれました。

 まず「SMBCグループと、なぜ提携したのか」について説明。1つは「SMBCダイレクト利用者数約900万人」「三井住友カード会員数約5239万人」など、巨大な顧客基盤があったこと。もう1つは、SMBCの「最先端のテクノロジーにチャレンジするスタンスや企業文化」がSBI証券と似ている点を挙げます。

 「各業態のリーディングカンパニー同士が集って、総合金融サービスとして提供するのがOlive」と語る高村さん。そのような「Olive」とSBI証券がおこなう新しく取り組みは4つ。それは「フレキシブルペイでクレカ積立ができる」「SMBCアプリからシームレスに取引」「Vポイントサービスの拡大」「Vポイントアッププログラムの参画」です。

 これらの取り組みにより、「証券口座を5年累計で200万口座獲得」「クレカ積立設定額を3年後に500億円」を目指すと目標を掲げていました。

 新商品発表会が終わると、「Olive」リリース記念キャンペーンの案内も。これは2月3日~28日までの期間限定で、「Olive」の最新情報が届くメールの登録をすると総額1億円分が約9万名に当たるというもの。Vポイントギフト100万円分が10名に、1万円分が100名に、1000円分が8万9000名にプレゼント。さらに特別賞として、CMタレントによるスペシャルイベントに100名が招待されます。

取材協力:株式会社三井住友フィナンシャルグループ/株式会社三井住友銀行/三井住友カード株式会社/株式会社SBI証券

(取材・撮影:佐藤圭亮)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル