top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

粗品、動画の切り抜き解禁を発表 チャンネルごとに錯綜する切り抜き文化は今後どうなる?

Real Sound

動画サムネイルより

 2023年2月1月、霜降り明星の粗品が自身のYouTubeチャンネルを更新。動画の切り抜き解禁について発表した。

参考:【写真】切り抜きのルールについて説明する粗品

 「粗品から重大発表」と題された今回の動画では、今まで禁止していた切り抜きを解禁すると発表した。動画序盤から、視聴者に「自分で言うのもアレやけど、俺の切り抜きおすすめやで」と発信。YouTubeを始めてからネットニュースになっている機会が多く、注目度が高いことや、2月からショート動画も収益化されることについて触れていた。また、ネタをカットして出すだけでも視聴率が稼げるため、作業量に対して収益性が高いこともアピールしている。

 動画内では、切り抜きのルールについても細かく発表。今回はYouTubeとTikTokのみで切り抜きを許可している。YouTubeの場合は収益に関わるため、概要欄にある応募フォームから申し込みを行う必要があるようだ。また、切り抜きして良いコンテンツは、粗品 Official Channelと粗品の2個目のチャンネルで投稿されている動画のみで、生配信はNG。切り抜きの概要欄には、元動画のURLも記載してほしいと話していた。なお、細かいルールは、今後また変わる可能性もあるとのこと。

 YouTubeの収益については、管理料として半分引かれるため折半になる。TikTokの場合は、条件を満たした人物に対してプレゼントを用意しているらしく、申請フォームから申し込むことで抽選に参加できるようだ。動画内では早速、2月中にTikTokで100万回以上再生された人に、サインとハンドルネームを送ると話していた。最終的には、オフ会の参加券なども用意する可能性があるらしいので、ファンとしては期待が高まる。

広告の後にも続きます

 近年YouTubeでよく見るようになった切り抜き動画だが、2022年11月4日には、中田敦彦が停止・削除を発表。2023年1月21日には「プラスになっていない」として、ヒカルも禁止にする旨を視聴者に伝えていた。一部の切り抜き動画では釣りサムネイルなども目立っているため、ブランディングにも悪影響が発生する可能性は否めない。果たして粗品の切り抜き動画は良い方向に働いていくのか、今後の展開にも注目していこう。

(小林嵩弘)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル