top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

若手実力派・奥野瑛太主演! ヒロイン役に唐田えりか!- 主人公は“死体役”!? ユーモアとペーソスのバランスが絶妙な人間ドラマ『死体の人』メインビジュアル・予告・場面写真・主題歌一挙解禁!

cinefil

主演に奥野瑛太(「最愛」『グッバイ・クルエル・ワールド』)、ヒロイン役に 唐田えりか(『寝ても覚めても』『の方へ、流れる』)を迎えたハートフルな人間ドラマ 『死体の人』が、2023 年 3 月 17 日(金)渋谷シネクイントほかにて全国順次公開となります。

次代を担う才能の発掘と育成を目的として2016年にスタートした、“まだ存在しない映画の予告編”で審査するユニークな映像コンテスト「未完成映画予告編大賞MI- CAN」。本作『死体の人』(草苅勲監督)は、その派生プロジェクトとして、日本を代表する映画会社のプロデューサーが過去の入選作を審査した敗者復活戦「MI- CAN3.5復活祭」から見事誕生した作品です。

演じることにかける想いは人一倍強いものの、<死体役>ばかりの売れない役者・吉田広志(奥野)と、彼と運命の出会いを果たすヒロイン・加奈(唐田)。彼らの不器用な生き方を通して、理想と現実の折り合いをつけることの難しさ、そして< 生きることと死ぬこと>という普遍的なテーマを、草苅監督自身の俳優経験を活かして絶妙なバランスのユーモアとペーソスで描いたハートフルな人間ドラマが完成しました。

本作のメインビジュアル、予告映像、追加場面写真・主題歌が解禁!
追加キャストには楽駆、烏丸せつこ、きたろうが名を連ねます!

メインビジュアルには、死体役として全力で演技をしようと意気込むも、冴えない雰囲気を隠せない<死体の人>と、そんな彼が出会う運命の相手・加奈のどこか儚げな表情が並ぶ。

©︎2022オフィスクレッシェンド

広告の後にも続きます

あわせて公開された予告と場面写真からも、二人の生き下手な姿が切り取られており、<死体の人>として懸命に励む情けなくも愛おしい姿や、出来心で試した妊娠検査薬で、まさかの陽性反応が出て慌てふためくコミカルなシーンのほか、「こんなことでくらいしか、人を喜ばせられないから」と投げやりに呟く加奈の、恋人との荒んだ日常が描かれます。

©︎2022オフィスクレッシェンド

©︎2022オフィスクレッシェンド

©︎2022オフィスクレッシェンド

©︎2022オフィスクレッシェンド

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル