top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

親の思い、子に“押し付け”ていない? 「親が果たせなかった夢」、子どもに託すことの是非

オトナンサー


子どもの幸せを願っているように見えても…

【イラストで知る】「独り言を言う」「偏食」…発達障害児にみられることのある行動5つ

「俺は野球選手になりたかった。でも、その夢はかなわなかったので、何としてでも子どもを野球選手にしたい」「子どもはサッカーをやりたがっているが、私が野球ファンだから野球を習わせたい」「私はアイドルになりたかった。でも芽が出なかった。だから娘に夢を託し、ステージママに徹して、毎日頑張っている」。

 これらの“親の思い”を、子どもはどう感じているでしょうか。もしかしたら心の中で、こう叫んでいるかもしれません。「お父さん、お母さん。私はあなたの期待に応えるために、この世に生まれてきたのではありません」と。

親の役目は「選択肢を増やす」こと

 同様に、次のような“親の思い”も一見すると、子どもの幸せを願っているように見えますが、実は“親の押し付け”ではないでしょうか。

広告の後にも続きます

「低学歴で就職先にも恵まれず、安月給で働く夫の姿を見ている。だから、子どもには苦労をさせたくない。◯◯大学に何としてでも合格してほしい」

「結婚、出産を機に仕事を辞めてしまった。娘には、何の取り柄もない、ありふれた主婦である自分のようになってほしくない。手に職をつけて、バリバリ仕事をしてほしい」

 この世に生を受けたわが子が、自分で自分の未来を選べないとしたら、そこに子どもの人生は存在しないのではないでしょうか。

 例えば、田舎に住んでいる家族の娘が、「上京してアイドルになりたい」と言い出した場合。「かわいい娘を手元に置いておきたい」「怖い東京に一人で行かせるなんてとんでもない」「苦労して傷つくのは目に見えている。そんな道に進ませるわけにはいかない」。

 どれも、親としては当然の気持ちであり、分からなくもないですが、こうした理由で親が上京を許さなかったなら、子どもにしてみれば「夢を奪われた」と思っても不思議ではありません。本当に親が子を思うのなら、「もし、挫折して傷ついたら、いつでも田舎へ帰っておいで」と、オアシスを用意してあげるのがよいのではないでしょうか。

 一方で、わが子に何も期待せず、何も与えず、危険があるのに野放しにしているのはどうでしょう。これは「自由に伸び伸びと」と言いながら、放置・放任している状態かもしれません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル