top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

『舞いあがれ!』山口智充&くわばたりえの絶妙なバランス感 うめづの陽気に活力をもらう

Real Sound

『舞いあがれ!』写真提供=NHK

 朝ドラ『舞いあがれ!』(NHK総合)の放送開始時から、抜群の安定感を維持し続けている“梅津夫妻”こと山口智充とくわばたりえのコンビ。本作のにぎやかし役でもあるこの2人の存在が、物語の展開を常に照らしている。劇中の登場人物たちのみならず、この夫婦に救われている人は少なくないだろう。このドラマになくてはならない存在なのだ。

参考:『舞いあがれ!』山下美月、久留美の繊細な変化を体現 制作統括が松尾諭との撮影裏明かす

 山口とくわばたが演じているのは、ヒロイン・岩倉舞(福原遥)の幼なじみの梅津貴司(赤楚衛二)の両親である勝と雪乃。勝は舞の父・浩太(高橋克典)の幼なじみでもあり、雪乃は舞の母・めぐみ(永作博美)の良き相談相手でもある。梅津家は、一家そろって岩倉家と深くて固い繋がりがあるのだ。しかも二人が営んでいるお好み焼き屋「うめづ」は、舞たちが暮らす東大阪の人々の憩いの場。楽しいときも、悲しいときも、みんなここに集まってくるのである。

 勝も雪乃も本作においては個として独立したキャラクターとは言いがたい。登場する際、基本的に2人は一緒であり(そもそも登場シーンのほとんどが「うめづ」だ)、ほかの登場人物と絡む場合ももちろん2人は一緒。いつも作品にポジティブオーラを持ち込む存在になっているが、それは2人が揃ってこそ機能するもの。山口とくわばたのコンビにしかできない陽気な掛け合いが、これを実現させているのだ。

 この2人のキャスティングは絶妙である。ともに大阪出身者であり、表現活動のスタートは「お笑い」にある。しかし、俳優として相当な経験を重ねてきた山口が5度目の朝ドラ出演というのに対し、くわばたは初めての朝ドラ出演どころか、そもそも彼女は演技経験そのものが少ない。2人には俳優としてのキャリアに大きな差があるのだ。ともするとこういった場合はデコボコでチグハグな演技に陥ってしまい、視聴者にとっての作品の違和感にも繋がりかねないだろう。けれどもそうはならないのが、この山口&くわばたコンビなのである。

広告の後にも続きます

 本作の公式ガイド『連続テレビ小説 舞いあがれ! Part1』(NHK出版)にて、山口は「セリフの量が思ったよりも少ないなというのが、台本を読んだときの印象でした」と勝役について語り、自身の演技に関して「無口な芝居」だと続けている。これは意外である。劇中の勝に無口な印象などまったくない。しかし思い返してみればたしかに、彼のセリフは多くはない。そして特別に重要な発言をするわけでもない。

 一方のくわばたは「雪乃はもうそのままの素の私のようで、お好み焼き屋さんをやってたらこんな感じなんかなと思いました」と語っており、こちらには素直にうなずける。バラエティ番組などでの姿から得られる彼女のパブリックイメージと雪乃は近い。くわばたが普段のように振る舞い、それを経験豊富な山口が自然と受け止める。こうすることによってバランスが取れ、結果として2人ともが明るい印象に。一緒になって作品にポジティブオーラを持ち込むことができているのだろう。もしも山口が「無口な芝居」を実践していなければ、それこそデコボコでチグハグな演技になっていたかもしれない。

 さて、ここまで記してみると分かってくることがある。それは山口とくわばたの2人が、「場」を用意する役どころを担っているということだ。みんなが集まる「うめづ」もそうだが、物語の喜怒哀楽がどれだけ激しく変化しても、いつも陽気な2人がいることで最終的にはポジティブな気分に落ち着くことができる。まさにみんなにとっての帰る場所。朝のひとときに梅津夫妻に会うことが、私たち視聴者の1日の活力源になっていたりもするのではないだろうか。『舞いあがれ!』になくてはならない存在である。(折田侑駿)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル