top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【東京新聞杯】重視すべきはとにかく“若さ” 4歳牝馬ナミュールやピンハイに追い風データあり

netkeiba.com

 2月5日に東京競馬場で行われる東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)。ハイレベルな混戦模様を呈すこのレースに、マイラー16頭が集結する。今回は、過去10年の年齢別成績を基に傾向を分析してみよう。

 データは以下の通り。

 年齢  着度別数  勝率  連対率 複勝率
【4歳】 5- 5- 3- 25/ 38 13.2% 26.3% 34.2%
【5歳】 2- 3- 5- 29/ 39  5.1% 12.8%  25.6%
【6歳】 3- 1- 1- 31/ 36  8.3% 11.1%  13.9%
【7歳】 0- 1- 1- 22/ 24  0.0%  4.2%  8.3%
【8歳】 0- 0- 0- 10/ 10  0.0%  0.0%  0.0%

 7歳以上の馬は過去10年で未勝利。34頭が挑戦して馬券に絡んだのは2頭のみとなっている。

 勝率・連対率・複勝率は4歳が最も高く、年齢を重ねるにつれて低下しており、東京新聞杯は“若さ”がカギといえるだろう。今回出走する4歳馬はナミュール、ピンハイ、プレサージュリフト、マテンロウオリオン、インダストリア、ショウナンマグマの6頭。

 過去10年のうち、本レースに出走した牝馬の成績は[4-3-1-12]。出走頭数は10年で20頭と少ないながら4勝を挙げ、複勝率は40%と高い数字を誇っている。

 4歳牝馬の条件に限定すると、5頭が出走し、2018年に勝利したリスグラシューを含む3頭が馬券内に。今回出走する4歳牝馬であるナミュール、ピンハイ、プレサージュリフトはより軽視できない存在となるだろう。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル