top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

レイカーズがニックスを延長戦で撃破…八村は19得点9リバウンドと殊勲の活躍

バスケットボールキング

レイカーズがニックスを延長戦で撃破…八村は19得点9リバウンドと殊勲の活躍

 2月1日(現地時間1月31日)、八村塁所属のロサンゼルス・レイカーズは敵地でニューヨーク・ニックスと対戦した。

 1月31日のブルックリン・ネッツ戦は104-121で敗北を喫したレイカーズ。ニックス戦の先発には、八村、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、トロイ・ブラウンJr.、デニス・シュルーダーが名を連ねた。

 好調な滑り出しを見せた八村は、試合序盤からステップバックジャンパーなどでテンポ良く得点に成功。ラッセル・ウェストブルックとの華麗な連携からダンクも披露すると、デイビスらもポイントを重ね29-24と5点リードで最初のクォーターを終える。

 第2クォーターは一進一退の攻防が続き、八村は3ポイントシュートやジャンパーで応戦。終盤ではニックスに点差を離される場面もあったが、レブロンやデイビスらが個人技で取り返し、最後はシュルーダーがハーフコートショットを沈めて52-53とほぼ同点でハーフタイムを迎えた。

 続く第3クォーター、レイカーズはゴール下でデイビスが奮起。セカンドチャンスから得点につなげれば、“3点プレー”も成功させチームをけん引する。後半ではベンチメンバーも巧みなチームワークで試合をつなぎ、86-83と3点を先行して最後のクォーターへ。

広告の後にも続きます

 熾烈な争いが繰り広げられた第4クォーター、八村はレブロンのアシストから速攻ダンクを決めるなど、要所で活躍を披露。残り約1分半で6点をリードしていたレイカーズだったが、ニックスに続々とレイアップを沈められ残り24秒で114-114の同点に。ラストオフェンスではデイビスが痛恨のオフェンシブファウルを宣告され、オーバータイムに突入した。

 延長戦では主力陣が躍動し、残り1分17秒にウェストブルックのバンクショットで125-118とリードを拡大したレイカーズ。終盤ではブランソンにバスケットカウントを献上し4点差まで詰め寄られたものの、最後はシュルーダーのフリースローで勝負アリ。最終スコア129-123でレイカーズが勝ち星を挙げた。

 2連敗から脱出したレイカーズは、レブロンが28得点10リバウンド11アシスト、デイビスが27得点9リバウンド、八村が19得点9リバウンドをマーク。ベンチからはウェストブルックが17得点6リバウンド8アシスト3スティールと多彩な活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献した。

■試合結果
ロサンゼルス・レイカーズ 129-123 ニューヨーク・ニックス
LAL|29|23|34|28|15|=129
NYK|24|29|30|31|9|=123

【動画】大激戦となったレイカーズvsニックスの終盤ハイライト!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル