top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

この慄きをどう受けとめるか!?〜シャンタル・アケルマンの『ジャンヌ・ディエルマン』に

キネマ旬報WEB

シャンタル・アケルマンの代表作が、ザ・シネマ(CS)、ザ・シネマメンバーズ(ミニシアター系作品のサブスク配信)にて、この2月に放映される。アケルマン作品中、もっとも強い強度に縁取られたこの作品は、孤高の輝きを放ち続けている。

 

1980年代、ぼくたちはシャンタル・アケルマンを知った

シャンタル・アケルマンの作品を、ぼくたちが最初に目にしたのは『ゴールデン・エイティーズ』(1986)だった。

カラフルでポップなミュージカルは、1980年代末の空気のなかに躍動し、ひと息にシャンタル・アケルマンという名前が刻まれていった。続く『アメリカン・ストーリーズ』(1988)は辛口の社会批評を湛えていたが、『カウンチ・イン・ニューヨーク』(1996)でふたたび時代の感性を画面にさらりと掬いとってみせる。だからぼくたちは、彼女の作品にどこかお洒落でコスモポリットな触感を得ていたのだった。

軽やかに辛辣に世界を私的な感覚をもってまなざし撮っていたアケルマン作品について、やがて彼女の1970年代の作品との出合いを通して、ぼくたちは知る。ぼくたちはまだ、アケルマン映画のおもしろさをすべて知っていたわけではなかったことを。シネクラブでの上映で、そして昨年の「シャンタル・アケルマン映画祭」でようやく明らかになっていったアケルマン作品の真髄。なかでもその中心にあるのが、『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル 1080 コメルス河畔通り 23番地』(以下、『ジャンヌ・ディエルマン』と略す)だ。

広告の後にも続きます

 

正確に再構築されたひとりの主婦の日常

そのファースト・シーン:
スモーキーなブルーのスモックの下にブルーのカーディガンを羽織った女性がキッチンで料理をしている。そこに来客。彼女は客の相手をしたあと、先ほどのキッチンに戻ってくる。その間のことは、画面がフェイドし、なんら告げられることはない。

フェイド・イン/アウトによってシーンはつながれているが、その黒味のあいだを推測させるようなものは示されない。がしかし、そこで行われていることはすべて、ごく平凡な日常でしかないのは、仕草が、そして行為が繰り返されてゆくたびに確信される。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル