top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

公式通販してない「うなぎパイ」→でもなぜか大手ECで売られている…… 春華堂に経緯を聞いてみた

おたくま経済新聞

 静岡県浜松市にある春華堂(しゅんかどう)の「うなぎパイ」といえば、静岡県を代表する銘菓の一つ。その知名度は全国区といっても過言ではなく、「静岡県のお菓子」とは知らないものの「うなぎパイ」は知っているという方もいるのではないでしょうか。

【元の記事はこちら】

 ただし、この知名度にもかかわらず全国どこでも販売されているわけではありません。もちろん公式の「オンライン販売」も行っていないのですが……インターネットショッピングサイトなど(以下、ECサイト)では販売されています。でも定価よりも1000円ほどどこもお高め。

 何が起きているのでしょうか。今回はそのワケを春華堂の担当者に聞いてみました。

◼ うなぎパイとは

 まず「うなぎパイ」について詳しく紹介すると、静岡県浜松市にある菓子メーカー「春華堂」が昭和36年に発売した銘菓。バターと厳選された原料に、うなぎエキス、ガーリックなどの調味料がブレンドされています。

広告の後にも続きます

 浜松市と湖西市にまたがる浜名湖がうなぎの産地であることから、当時の二代目社長が考案した商品です。

 また、「夜のお菓子」というキャッチコピーも有名ですが、その理由は決して変なものではなく、

「一家団らんのひとときにうなぎパイを囲み皆さまに楽しんでいただきたい」

という思いが込められています。

◼ 販路が限られている「うなぎパイ」

 ここまで知名度の高い「うなぎパイ」なら、静岡県のお菓子として全国で積極的に販売されていてもおかしくありません。実際そうした販売方法をとる地方銘菓はいくつもあります。が、しかし。一部例外をのぞき、広範囲では販売されていないんです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル