top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

「女神の教室」“真中”高橋文哉が成長する姿に反響 「真中くんが心を開いてくれた」「スーツ姿もカッコいい」

エンタメOVO

 北川景子が主演するドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」(フジテレビ系)の第4話が、30日に放送された。

 本作は、未来の法曹界を担う若者たちが通うロースクール(法科大学院)のリアルな日常や、教員と学生たちの成長を描くリーガル青春群像劇。(※以下、ネタバレあり)

 藍井仁(山田裕貴)のゼミ、通称“藍井塾”の選抜テストが、急きょ予定より前倒しで実施されることになった。

 何としてでも藍井ゼミに入りたい学生たちは、柊木雫(北川)の講義もそっちのけで、テスト対策に夢中になる。

 柊木は学生たちの焦りを察しながらも、模擬裁判の授業で、民事事件に関する新たな課題を出す。

広告の後にも続きます

 そんな中、真中信太郎(高橋文哉)は、学生時代の友人たちとの会合で、一流企業に就職した彼らの近況を知り、焦りを募らせる。

 さらに、妹の美羽(山口まゆ)から、自分が学生時代に就職活動で失敗した会社から内定をもらったと報告される。

 ついに、選抜テスト当日。予想以上の問題数が出題される中、真中は最近のイライラから問題に集中することができないうちに時間が過ぎてしまい…。

 今回は、真中が柊木の助言を受け、模擬裁判に取り組む中で、成長していく姿が描かれた。

 放送終了後、SNS上には、「真中回、最高だった。スーツ姿もカッコいいし、模擬裁判を通じて一歩成長できたようで良かった」「心に闇を抱えていた真中くんが、やっと心を開いてくれた。水沢くん(前田拳太郎)と和解できて良かった」「真中くん、最後は付き物が取れた感じでいい表情になっていてうれしかった」といった反響が集まった。

 このほか、「どんどん話が面白くなってくる。学生の成長を見守ってほほ笑む北川景子さんが、本当にすてき」「勝てる弁護士がいい弁護士ではない、依頼人に寄り添う弁護士がいい弁護士だという、柊木先生の言葉が深いなと思った」などの感想も投稿された。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル