top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

東京女子プロレスタッグトーナメント決勝は121000000と享楽共鳴がプリンセスタッグ王座奪還を視野に激突へ!

リアルライブ

 東京女子プロレスは、『第3回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント』 1.29埼玉・春日部ふれあいキューブ大会を開催した。セミファイナルからは「第3回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント」準決勝2試合が行われ、「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」の山下実優&伊藤麻希と、享楽共鳴の中島翔子&ハイパーミサヲが勝ち上がり、両チームは2.11東京・後楽園ホール大会で決勝戦を行う。

 まず、セミファイナルで「121000000」が宮本もか&長野じゅりあの空手タッグと対戦。空手がベースの山下は長野に強烈な蹴りを連発。伊藤と長野が激しいエルボー合戦から、長野が突き、ブラジリアンキックから必殺の旋風脚を狙うも、かわした伊藤がヘッドバット。勝機と見た伊藤は伊藤パニッシュで長野を絞め上げてギブアップを奪った。試合後、山下は「今年こそ優勝したいと思ってて、タッグベルトを獲りたいと思ってるので。伊藤としっかり力合わせて決勝も決めていきたい。私たちなら、今の享楽共鳴がどんなに強くても倒せるなって思ってるので」と優勝を期した。伊藤は「享楽共鳴はヒーローと怪獣、倒したら、今ベルト持ってるのがバケモノとバケモノ(マックス・ジ・インペイラー&ハイディ・ハウイツァ)だから、勢いつけれそう」と優勝の先のプリンセスタッグ王座獲りを見据えているようだ。

 メインイベントでは、享楽共鳴が前年覇者の白昼夢(辰巳リカ&渡辺未詩)と激突。中島はハイアングルでの619を辰巳にヒットさせ、正調の619を狙うも、辰巳にキャッチされ、足4の字固めで絞め上げられた。辰巳が狙ったミサイルヒップを中島が回避すると、ミサヲがアイアムアヒーロー。中島が渡辺にトペ・コンヒーロを敢行すると、ミサヲが辰巳にハイパミ・リターンズ。間髪入れず、中島がダイビング・セントーンを見舞って3カウントを奪った。試合後には先に決勝進出を決めていた「121000000」がリングに上がり、睨み合い。「121000000」が退場すると、中島は「去年、私はベルトを落としましたが、同じように負けなかったのは隣にスーパーヒーローがいたから。頼りにしてるよ」とコメント。ミサヲが「私があなたのことを誰より信頼してるし、あなたの強さを誰より信じてる。享楽共鳴なら絶対優勝できると思う」と優勝宣言した。

◆東京女子プロレス◆
『第3回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント』
2023年1月29日
埼玉・春日部ふれあいキューブ
観衆 251人(満員)
▼トーナメント準決勝(時間無制限1本勝負)
山下実優&○伊藤麻希(14分34秒 伊藤パニッシュ)宮本もか&長野じゅりあ●
▼トーナメント準決勝(時間無制限1本勝負)
●辰巳リカ&渡辺未詩(16分55秒 片エビ固め)中島翔子○&ハイパーミサヲ
※ダイビング・セントーン

(どら増田)
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル