top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

NHK大河「どうする家康」ヒロイン有村架純はバカ殿・松本潤に口説かれて…

アサ芸プラス

 NHK大河「どうする家康」が、開始早々の崖っぷちに立たされている。乗馬シーンなどCGを多用した演出に早くも脱落者が続出。しかも、主演俳優が共演女優に首ったけで‥‥。

 初回視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は歴代大河ワースト2位という低空飛行だ。

 芸能デスクが解説する。

「今回の大河では、江戸300年の太平の礎を築いた知略の将軍・徳川家康というイメージを覆し、松本潤(39)が演じるのは“弱虫家康”。第1話『どうする桶狭間』で、師と仰ぐ今川義元(野村萬斎)が首を獲られ、窮地に立たされると、まさかの敵前逃亡。『もうイヤじゃあ~』と泣き叫ぶ情けないシーンが描かれました」

 頼りない家康でも、松本はヤル気満々だという。

広告の後にも続きます

「大河初主演の指名を受けた松本は、ダメ家康が合戦などのさまざまな岐路で悩んで決断し、そのたびに成長していく物語だと、台本以上に腑抜けなバカ殿・家康を演じようと心掛けたそうです。それでも初回では、人形遊びや鬼ごっこに興じるシーンがありましたが、さすがに40歳近い松潤が10代を演じるのはムリがあった。子役を使うべきでした」(前出・芸能デスク)

 この奇をてらった演出以上に大河ファンに冷や水を浴びせたのが、大河ドラマの見どころとなる合戦シーンでのCG演出だった。

「ゲームのような風景に強い違和感を感じる。どうにかして家康」「馬乗りシーンにCGが多用され安っぽい。もうギブアップ」などと、ネットを中心に拒否反応が出る始末なのだ。

 18日に行われたNHKメディア総局長の会見では、「時代劇を撮影するロケーションについては年々、条件が厳しくなっている」と弁明するばかり。

 一方、高評価を受けているのがこちらも大河初出演の有村架純(29)だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル