戦場カメラマン「渡部陽一」税関で正露丸を全粒砕かれて…
戦場カメラマン「渡部陽一」税関で正露丸を全粒砕かれて…
  戦場カメラマンの渡部陽一が、11月10日放送の『ピンポイント業界紙』(テレビ朝日系)で「厳しすぎる税関」に激怒した。 「税関でカメラのボディ、レンズ、バッテリーすべてを取り外して、中まで検査されて、レンズのネジまで取...

 

 戦場カメラマンの渡部陽一が、11月10日放送の『ピンポイント業界紙』(テレビ朝日系)で「厳しすぎる税関」に激怒した。

 

「税関でカメラのボディ、レンズ、バッテリーすべてを取り外して、中まで検査されて、レンズのネジまで取り外されて、分解されて。修復が難しい。カメラのネジを緩めるな」

 

 

 そのうえで、さらに忘れられない怒りがあると話しだした渡部。

 

「正露丸を全部出して、1個割って、嗅いでウッっとなるを繰り返して、全粒バラバラに割られる。正露丸を割るな!」

 

 独特な匂いのある正露丸を全部割って匂いを嗅ぐ税関職員に怒っていた。番組では、出演者の怒りをスタジオの一般観客が診断する形式で、「日本が平和すぎるのかも」「麻薬とかもありますもんね」などの意見が出ていた。

 

 シリアでの拘束されていたジャーナリスト・安田純平氏が帰国し、戦場取材のあり方が注目されている。

 

 渡部は自身の公式サイトで「『戦場報道とは生きて帰ること』日々取材を敢行するうえで、この言葉を何度も唱え自らを戒めています」とメッセージしている。

 

 今年もミャンマー情勢、インドネシアの過激派組織ジャマーのテロ事件などを取材している渡部。そんな彼がバラエティ番組に出演して情報を伝えることは、大きな意義がある。

(更新日:2018年11月15日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(社会)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME